DPC 診断群分類

A project of bone.jp
URL: http://bone.jp/dpc/

DPC Web 辞書:診断群分類の解説

DPCの全分類とすべてのツリー図を収載しました。DPC分類の理解や説明資料、データ分析、コーディングにお役立てください。
DPCコーディング、診断群分類の定義に特化したWeb構成です。DPC制度やDPC包括対象外患者(いわゆる五号告示など)などの関連情報は盛り込んでいません。


1. 2019年10月改定 次期分類

 令和元(2019)年10月〜令和2(2020)年3月まで適応。

 消費税改定に伴いDPCの日数・点数が改定されました。
 出来高では入院基本料・初診・再診料等・薬価・特定保険材料価格が改定となりました。
 作成時にDPC電子点数表が公開されていませんでしたので、告示のPDFファイルから再構成しています。

 追加:DPC電子点数表が公開されています。 「120040膣の悪性腫瘍」の手術・処置等2について 告示では定義「3あり」が廃止されるような表現ですが、 電子点数表では廃止されていないようです。 「3あり」が出来高算定となるという解釈だと思われます。

1-1. DPC6桁分類(傷病名分類)の定義とツリー図

DPC 傷病名一覧 2018/2019年度

 ツリー図(樹形図)と分岐条件、DPC日数、DPC包括点数を収載

 ツリー図の右側のDPCコード(診断群分類番号)は各分類の解説ページへリンクしています。

 改定前後で日数や点数が変化している場合は、「改定前の数値→改定後の数値」という表記で記載しています。

1-2. DPC(診断群分類)全分類の解説

 DPC分類一覧 2019年10月改定

 DPCコード(診断群分類番号)ごとの解説です。

 各診断群分類の日数や点数定義、傷病名、手術・処置、定義副傷病等を表示。

 改定前後で日数や点数が変化している場合は、「改定前の数値→改定後の数値」という表記で記載しています。


2. 平成30/令和元年度(2018/2019年度) 現行分類

 平成30(2018)年4月から適応。

 2018年度改訂では前回導入されたCCPマトリックスについて、対象分類に追加変更はありませんでした。
 DPC傷病名分類に用いるICD-10コードは2013年版へ変更となりました。
 
※2019年10月には消費税率変更に伴う、DPC改定がある見込みです。

2-1. DPC6桁分類(傷病名分類)の定義とツリー図 (505種類)

DPC 傷病名一覧 2018/2019年度

 ツリー図(樹形図)と分岐条件、DPC日数、DPC包括点数を収載

 ツリー図の右側のDPCコード(診断群分類番号)は各分類の解説ページへリンクしています。

2-2. DPC(診断群分類)全分類の解説 (4955分類)

 DPC分類一覧 2018/2019年度

 DPCコード(診断群分類番号)ごとの解説です。

 各診断群分類の日数や点数定義、傷病名、手術・処置、定義副傷病等を表示。


3. 平成28/29年度(2016/2017年度) 【旧分類】

 平成28(2016)年4月〜平成30(2018)年3月まで適応。 (更新終了)

 2016年度改訂では一部に重症度を考慮した支払分類(CCPマトリックス)が導入されました。
 DPCコードの7桁目はしばらく使用されていませんでしたが、病態等分類に再利用されることになりました。

 定義副傷病名には分岐条件コードとフラグ(手術有無、共通)の2つの概念が使用されています。
 一部の分類(040081、060035〜06007x)では定義副傷病コードの定義に0が使用されています。(ツリー図の分岐では定義副傷病なしとなるが、様式1には副傷病として登録するもの。)

 さらに、「010060脳梗塞(従来形式樹形図支払分類研究用)」については定義副傷病名で使用される13桁目(定義副傷病名)に「1あり」と「2あり」が使用されます。

3-1. DPC6桁分類(傷病名分類)の定義とツリー図 (506種類)

DPC 傷病名一覧 2016/2017年度

 ツリー図(樹形図)と分岐条件、DPC日数、DPC包括点数を収載

 ツリー図の右側のDPCコード(診断群分類番号)は各分類の解説ページへリンクしています。

3-2. DPC(診断群分類)全分類の解説 (4918分類)

 DPC分類一覧 2016/2017年度

 DPCコード(診断群分類番号)ごとの解説です。

 各診断群分類の日数や点数定義、傷病名、手術・処置、定義副傷病等を表示。

3-3. ICD-10とDPC傷病名(DPC6桁分類)の対応表(11,737行, 1.69MB)

ICD-10 DPC6 変換表 2016/2017年度

 ICD-10(医療資源病名のICD-10コード)→DPC6桁(DPCの傷病名コード)の変換表です。
 ICD-10コードと対応するDPC傷病名コード(DPC6桁コード)を一覧にしました

 当サイトが独自作製したもので大きなページを1枚にまとめていますので表示に時間を要します。

3-4. CCPマトリックス支払分類決定のための樹形図(研究用途)(傷病名分類が8分類、支払分類が49分類)

CCPマトリックス樹形図 2016/2017年度

 支払分類コード(6桁コードxxCCPMxx)を決定するための樹形図を表示します。
 当サイトオリジナル樹形図で、法令では明示されていない支払分類の分岐条件を電子点数表の情報を元に再現しました。

 CCPマトリックスを理解するために研究目的で作製したものであり、医事請求業務のためのものではありません。

  • 010060 脳梗塞
  • 040080 肺炎等
  • 100060〜100081 糖尿病関連


4. 平成26/27年度(2014/2015年度) 【旧分類】

 平成26(2014)年4月〜平成28(2016)年3月まで適応。(更新終了)

4-1. DPC6桁分類・傷病名・ツリー図 (504種類)

DPC 傷病名一覧 2014/2015年度

 ツリー図(樹形図)+分岐条件+特定入院期間情報(第T〜V日、点数)を表示。

 傷病名分類ごとの分岐条件、日数、点数の比較にどうぞ。

 14桁コードは各分類ページ(次項)へリンクしてます。

4-2. DPC14桁分類の解説 (2873分類)

 DPC分類一覧 2014/2015年度

 DPCの14桁コード(診断群分類番号)ごとの解説です。

 各14桁分類の日数や点数定義、傷病名、手術・処置、定義副傷病等を表示。

 特定の14桁DPC分類を説明する資料として作製しました。

4-3. ICD-10とDPC傷病名(DPC6桁分類)の対応表(11,737行, 1.7MB)

ICD-10 DPC6 変換表 2014/2015年度

 ICD-10(医療資源病名のICD-10コード)→DPC6桁(DPCの傷病名コード)の変換表です。

 ICD-10のルールからすべてのコードを作り出し、DPC側のルールに合うもののみを一覧にしました。

 11,737のICD-10コードを1ページにまとめましたので巨大なページ(1,686KB)です。
 ツリー図へのリンクもあります。


5. 平成24/25年度(2012/2013年度) 【旧分類】

5-1. DPC14桁分類の解説 (2927分類)

 平成24(2012)年4月〜平成26(2014)年3月まで適応。(更新終了)


このサイトの説明

 DPCとは診断群分類の英語名称(Diagnosis Procedure Combination)の略です。
 厚生労働省配布のDPC関連資料を元にDPC14桁コードの決定やその説明に必要な情報を作り出しました。ツリー図についてはツリーに末端に日数・点数定義を並べわかりやすいデザインを心がけました。DPCデータ分析を行っている方にも役立つ情報です。
 各分類の「番号」は厚生労働省公開の「診断群分類(DPC)電子点数表」に記載された番号です。包括分類のみの連番である告示番号とは違います。
 現在のところDPC対象病院の要件やDPC算定病床の定義、DPC包括算定の対象外患者についての情報は掲載していません。実際の包括算定患者決定にはこのような情報が必要です。

 各ページの作成にはAcive Perlを使用しました。気が付いた点は順次修正しておりますが、内容の正確性については無保障です。このサイトは個人が作製しており、作者の所属する団体・法人とは全く関係はありません。

 © HIRATA Goh

QR画像

更新履歴