DPC Web辞書> DPC傷病名一覧(2020/2021年度)> 060040 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍

060040 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍

2020/2021年度 DPC

注意:現行のDPCではありません。

ツリー図と日数・点数

診断群分類番号 第Ⅰ日 第Ⅱ日 第Ⅲ日 期間Ⅰ点数 期間Ⅱ点数 期間Ⅲ点数 DPC名称
060040 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
手術
なし 手術・処置等2
なし 定義副傷病
なし 060040xx99x00x 3 8 30 2814 2229 1895 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2なし 定義副傷病名なし
あり 060040xx99x01x 6 13 60 2777 2105 1789 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2なし 定義副傷病名あり
あり
1 060040xx99x1xx 9 18 60 3005 2241 1905 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-1あり
2 060040xx99x2xx 9 24 60 2385 1883 1600 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-2あり
3 定義副傷病
なし 060040xx99x30x 3 6 30 3358 2515 2137 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-3あり 定義副傷病名なし
あり 060040xx99x31x 6 16 60 3193 2540 2159 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-3あり 定義副傷病名あり
4 060040xx99x4xx 2 4 30 4160 2145 1823 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-4あり
5 定義副傷病
なし 060040xx99x50x 2 4 30 5514 2128 1809 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-5あり 定義副傷病名なし
あり 060040xx99x51x 3 7 30 4340 2254 1916 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-5あり 定義副傷病名あり
6 060040xx99x6xx 1 4 30 22010 1832 1834 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-6あり
7 定義副傷病
なし 060040xx99x70x 1 4 30 33645 1832 2011 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-7あり 定義副傷病名なし
あり 060040xx99x71x 3 7 30 9776 3368 2862 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-7あり 定義副傷病名あり
8 060040xx99x8xx 1 4 30 40638 1832 1970 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-8あり
9 060040xx99x9xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-9あり
あり
その他の手術 手術・処置等1
なし 手術・処置等2
なし 定義副傷病
なし 060040xx97000x 3 10 30 2751 2247 1910 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病名なし
あり 060040xx97001x 9 17 60 2898 2142 1821 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病名あり
あり
1 060040xx9701xx 16 31 90 3016 2229 1895 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-1あり
2 060040xx9702xx 18 36 90 2562 1894 1610 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-2あり
3 060040xx9703xx 8 20 60 3014 2387 2029 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-3あり
4 060040xx9704xx 4 10 30 3129 2451 2084 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-4あり
5 060040xx9705xx 4 8 30 3630 2683 2280 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-5あり
6 060040xx9706xx 5 10 30 6021 2898 2463 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-6あり
7 060040xx9707xx 1 10 30 43138 1766 3011 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-7あり
8 060040xx9708xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-8あり
9 060040xx9709xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-9あり
あり 手術・処置等2
なし 060040xx9710xx 11 22 60 2675 1977 1680 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2なし
あり
1 060040xx9711xx 18 36 90 2943 2175 1792 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-1あり
2 060040xx9712xx 24 47 90 2482 1834 1559 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-2あり
3 060040xx9713xx 19 39 90 2681 1982 1684 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-3あり
4 060040xx9714xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-4あり
5 060040xx9715xx 15 29 60 3044 2250 1913 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-5あり
6 060040xx9716xx 19 39 90 3207 2624 2362 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-6あり
7 060040xx9717xx 20 41 90 3811 3118 2806 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-7あり
8 060040xx9718xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-8あり
9 060040xx9719xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-9あり
K721$ 060040xx05xxxx 2 4 30 3132 2315 1968 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
K721-4 060040xx04xxxx 3 6 30 2701 1997 1697 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
K739$等 定義副傷病
なし 060040xx03xx0x 6 12 30 2626 1941 1650 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 定義副傷病名なし
あり 060040xx03xx1x 10 21 60 2740 2025 1721 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 定義副傷病名あり
K7481等 手術・処置等1
なし 手術・処置等2
なし 定義副傷病
なし 060040xx02000x 7 15 30 2763 2042 1736 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病名なし
あり 060040xx02001x 11 23 60 2834 2095 1781 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病名あり
あり
1 060040xx0201xx 14 28 60 2960 2188 1860 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-1あり
2 060040xx0202xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-2あり
3 060040xx0203xx 13 25 60 2846 2104 1788 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-3あり
4 060040xx0204xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-4あり
5 060040xx0205xx 17 34 90 2989 2209 1878 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-5あり
6 060040xx0206xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-6あり
7 060040xx0207xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-7あり
8 060040xx0208xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-8あり
9 060040xx0209xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1なし 手術処置等2-9あり
あり 手術・処置等2
なし 060040xx0210xx 12 23 60 2671 1974 1678 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2なし
あり
1 060040xx0211xx 20 39 90 2956 2185 1846 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-1あり
2 060040xx0212xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-2あり
3 060040xx0213xx 20 41 90 2683 1983 1686 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-3あり
4 060040xx0214xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-4あり
5 060040xx0215xx 22 44 90 2898 2142 1821 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-5あり
6 060040xx0216xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-6あり
7 060040xx0217xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-7あり
8 060040xx0218xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-8あり
9 060040xx0219xx 出来高算定 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術処置等1あり 手術処置等2-9あり
K645等 060040xx01xxxx 14 29 60 2628 1943 1651 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 骨盤内臓全摘術等

分岐条件

ICD10病態等分類年齢、出生時体重手術手術・処置1手術・処置2定義副傷病重症度
ICDコードICD名称コード病態等区分コード条件分岐コード解釈番号等点数表名称コード解釈番号等名称コード解釈番号等名称コード1:共通 2:手術なし 3:手術ありICDコード等傷病名フラグ重症度等
C19 直腸S状結腸移行部の悪性新生物<腫瘍> 手術なし 99 手術なし 1 K726 人工肛門造設術 9 ニボルマブ 1 2 070040 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。)
C20 直腸の悪性新生物<腫瘍> その他の手術あり 97 K735-4 下部消化管ステント留置術 1 K726-2 腹腔鏡下人工肛門造設術 9 ペムブロリズマブ 1 3 060210 ヘルニアの記載のない腸閉塞
C21$ 肛門及び肛門管の悪性新生物<腫瘍> 97 K654 内視鏡的消化管止血術 8 ラムシルマブ
C775 リンパ節の続発性及び部位不明の悪性新生物<腫瘍>,骨盤内リンパ節 97 その他のKコード 7 パニツムマブ
D011 その他及び部位不明の消化器の上皮内癌,直腸S状結腸移行部 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 05 K721$ 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 7 セツキシマブ
D012 その他及び部位不明の消化器の上皮内癌,直腸 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 04 K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 7 レゴラフェニブ
D013 その他及び部位不明の消化器の上皮内癌,肛門及び肛門管 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 03 K739$ 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。) 6 ベバシズマブ
D014 その他及び部位不明の消化器の上皮内癌,その他及び部位不明の腸 03 K739-2 経肛門的内視鏡下手術(直腸腫瘍に限る。) 6 アフリベルセプト ベータ
03 K739-3 低侵襲経肛門的局所切除術(MITAS) 5 オキサリプラチン
03 K7322$ 人工肛門閉鎖術 腸管切除を伴うもの 5 フルオロウラシル+レボホリナートカルシウム+オキサリプラチン+イリノテカン塩酸塩あり
03 K736$ 人工肛門形成術 4 イリノテカン塩酸塩
03 K636 試験開腹術 3 トリフルリジン/チピラシル塩酸塩
03 K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 3 化学療法ありかつ放射線療法なし
03 K636-4 腹腔鏡下試験切除術 2 化学療法ありかつ放射線療法あり
肛門悪性腫瘍手術 切除等 02 K7481 肛門悪性腫瘍手術 切除 2 化学療法なしかつ放射線療法あり
02 K7403 直腸切除・切断術 超低位前方切除術 1 J0384 人工腎臓 その他の場合
02 K7404 直腸切除・切断術 経肛門吻合を伴う切除術 1 G005 中心静脈注射
02 K7402 直腸切除・切断術 低位前方切除術 1 J045$ 人工呼吸
02 K7401 直腸切除・切断術 切除術
02 K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術
02 K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術 切除術
02 K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術
02 K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
骨盤内臓全摘術等 01 K645 骨盤内臓全摘術
01 K7482 肛門悪性腫瘍手術 直腸切断を伴うもの
01 K7405 直腸切除・切断術 切断術
01 K740-23 腹腔鏡下直腸切除・切断術 切断術

五号告示(高額薬剤)

告示番号 薬剤名 薬剤銘柄(参考) 適応症 適応症ICD-10(参考) 診断群分類番号(同じ疾患のみ) 備考
16 エヌトレクチニブ ロズリートレクカプセル100mg
ロズリートレクカプセル200mg
NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌 C029、C099等 060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx99x2xx
060040xx99x30x
060040xx99x31x
21 セツキシマブ(遺伝子組換え) アービタックス注射液100mg RAS遺伝子野生型の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌 C182、C184等 060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx9707xx
060040xx9717xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年9月20日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。



◆承認内容(取消線部削除、下線部追加)
[効能又は効果]RAS 遺伝子野生型EGFR 陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
72 エンコラフェニブ ビラフトビカプセル50mg
ビラフトビカプセル75mg
がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌 C182、C184等 060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx99x71x
060040xx9707xx
060040xx9717xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年11月27日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆令和2年11月27日の承認内容(下線部追加)
[効能又は効果]
BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫
〇がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌

[用法及び用量]
<BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫>
ビラフトビカプセル(結腸・直腸癌)
ビニメチニブとの併用において、通常、成人にはエンコラフェニブとして450mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
<がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌>
セツキシマブ(遺伝子組換え)との併用、又はビニメチニブ及びセツキシマブ(遺伝子組換え)との併用において、通常、成人にはエンコラフェニブとして300mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
73 ビニメチニブ メクトビ錠15mg がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌 C182、C184等 060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx99x70x
060040xx99x71x
060040xx9707xx
060040xx9717xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年11月27日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆令和2年11月27日の承認内容(下線部追加)
[効能又は効果]
BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫
〇がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌

[用法及び用量]
<BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫>
エンコラフェニブとの併用において、通常、成人にはビニメチニブとして1回45mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
<がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌>
エンコラフェニブ及びセツキシマブ(遺伝子組換え)との併用において、通常、成人にはビニメチニブとして1回45mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
90 ラロトレクチニブ硫酸塩 ヴァイトラックビカプセル25mg
ヴァイトラックビカプセル100mg
ヴァイトラックビ内用液20mg/mL
NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌 C029、C099等 060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx99x2xx
060040xx99x30x
060040xx99x31x
107 L―リシン塩酸塩、L―アルギニン塩酸塩 ライザケア輸液 ルテチウムオキソドトレオチド(177Lu)による腎被曝の低減 C159、C169等 060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍瘍
060040xx99x2xx
060040xx99x30x
060040xx99x31x
060040xx9702xx
060040xx9703xx
060040xx9712xx
060040xx9713xx
060040xx0203xx
060040xx0213xx
109 ルテチウムオキソドトレオチド(177Lu) ルタテラ静注 ソマトスタチン受容体陽性の神経内分泌腫瘍 C159、C169等 060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍瘍
060040xx99x2xx
060040xx99x30x
060040xx99x31x
060040xx9702xx
060040xx9703xx
060040xx9712xx
060040xx9713xx
060040xx0203xx
060040xx0213xx
五号告示(高額薬剤)一覧へ戻る

Copyright © 2020,2021 HIRATA Goh.