DPC Web辞書> DPC傷病名一覧(2020/2021年度)> 060050 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)


060050 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)

2020/2021年度 DPC

注意:現行のDPC分類ではありません。

前後のDPC年度へのリンク
 <<2019年10月改定: 060050
 >>2022/2023年度: 060050

ツリー図と日数・点数

 ※高額薬剤あり

診断群分類番号 第Ⅰ日 第Ⅱ日 第Ⅲ日 期間Ⅰ点数 期間Ⅱ点数 期間Ⅲ点数 DPC名称
060050 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
手術
なし 手術・処置等1
なし 手術・処置等2
なし 定義副傷病
なし 060050xx99000x 3 8 30 2946 2339 1988 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病名なし
あり 060050xx99001x 8 16 60 2785 2058 1750 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病名あり
あり
1 060050xx9901xx 9 19 60 2996 2269 1929 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2-1あり
2 060050xx9902xx 6 15 60 2404 1884 1601 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2-2あり
3 060050xx9903xx 13 25 60 3014 2228 1894 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2-3あり
4 定義副傷病
なし 060050xx99040x 5 10 30 3628 2681 2279 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2-4あり 定義副傷病名なし
あり 060050xx99041x 9 19 60 3160 2390 2032 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2-4あり 定義副傷病名あり
5 060050xx9905xx 出来高算定 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2-5あり
あり 060050xx991xxx 3 6 30 3417 2526 2147 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術処置等1あり
あり
その他の手術 手術・処置等2
なし 060050xx97x0xx 5 10 30 2596 2124 1912 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術処置等2なし
あり
1 060050xx97x1xx 12 27 90 3197 2444 2078 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術処置等2-1あり
2 060050xx97x2xx 13 26 60 2651 1960 1666 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術処置等2-2あり
3 060050xx97x3xx 20 41 90 2922 2160 1836 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術処置等2-3あり
4 060050xx97x4xx 9 18 60 3116 2303 1958 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術処置等2-4あり
5 060050xx97x5xx 出来高算定 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術処置等2-5あり
K697-3$等 手術・処置等1
なし 060050xx030xxx 4 7 30 2919 2158 1834 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術処置等1なし
あり 060050xx031xxx 7 14 30 2688 2199 1979 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術処置等1あり
K6951$等 060050xx02xxxx 7 15 30 2978 2201 1871 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等
K6957等 060050xx01xxxx 10 20 60 3129 2313 1966 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 2区域切除以上であって、血行再建を伴うもの等

分岐条件

060050 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)

医療資源傷病名など

医療資源傷病名 病態等分類 年齢、出生時体重等
ICDコード ICD名称 コード 病態等区分 コード 条件
C22$ 肝及び肝内胆管の悪性新生物<腫瘍>
C787 肝及び肝内胆管の続発性悪性新生物<腫瘍>
D015 その他及び部位不明の消化器の上皮内癌,肝,胆のう<嚢>及び胆管
D376 口腔及び消化器の性状不詳又は不明の新生物<腫瘍>,肝,胆のう<嚢>及び胆管

手術

手術
分岐 コード 解釈番号等 点数表名称
手術なし 99 手術なし
その他の手術あり 97 その他のKコード
肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 03 K697-3$ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)
03 K636 試験開腹術
03 K636-3 腹腔鏡下試験開腹術
03 K636-4 腹腔鏡下試験切除術
03 K697-2$ 肝悪性腫瘍マイクロ波凝固法(一連として)
肝切除術 部分切除等 02 K6951$ 肝切除術 部分切除
02 K695-21$ 腹腔鏡下肝切除術 部分切除
02 K6952 肝切除術 亜区域切除
02 K6953 肝切除術 外側区域切除
02 K6954 肝切除術 1区域切除(外側区域切除を除く。)
02 K695-22 腹腔鏡下肝切除術 外側区域切除
02 K695-23 腹腔鏡下肝切除術 亜区域切除
02 K695-24 腹腔鏡下肝切除術 1区域切除(外側区域切除を除く。)
肝切除術 2区域切除以上であって、血行再建を伴うもの等 01 K6957 肝切除術 2区域切除以上であって、血行再建を伴うもの
01 K677-21 肝門部胆管悪性腫瘍手術 血行再建あり
01 K677-22 肝門部胆管悪性腫瘍手術 血行再建なし
01 K6956 肝切除術 3区域切除以上のもの
01 K6955 肝切除術 2区域切除
01 K695-25 腹腔鏡下肝切除術 2区域切除
01 K695-26 腹腔鏡下肝切除術 3区域切除以上のもの

手術・処置等

手術・処置等1 手術・処置等2
コード 解釈番号等 名称 コード 解釈番号等 名称
1 K533 食道・胃静脈瘤硬化療法(内視鏡によるもの)(一連として) 5 ペムブロリズマブ
1 K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 4 化学療法ありかつ放射線療法なし
1 K654 内視鏡的消化管止血術 3 化学療法ありかつ放射線療法あり
1 K668-2 バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術 2 化学療法なしかつ放射線療法あり
1 K637$ 限局性腹腔膿瘍手術 1 J0384 人工腎臓 その他の場合
1 K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 1 G005 中心静脈注射
1 K639 急性汎発性腹膜炎手術 1 J045$ 人工呼吸
1 K639-3 腹腔鏡下汎発性腹膜炎手術
1 K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
1 K665$ 胃瘻閉鎖術
1 K665-2 胃瘻抜去術
1 K725 腸瘻、虫垂瘻造設術
1 K725-2 腹腔鏡下腸瘻、虫垂瘻造設術
1 K726 人工肛門造設術
1 K611$ 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置
1 K615$ 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)
1 K6105 動脈形成術、吻合術 その他の動脈
1 K672 胆嚢摘出術
1 K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術
1 K673 胆管形成手術(胆管切除術を含む。)
1 K6821 胆管外瘻造設術 開腹によるもの
1 K6822 胆管外瘻造設術 経皮経肝によるもの
1 K682-2 経皮的胆管ドレナージ術
1 K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)
1 K688 内視鏡的胆道ステント留置術
1 K689 経皮経肝胆管ステント挿入術
1 K689-2 経皮経肝バルーン拡張術
1 K6971 肝内胆管外瘻造設術 開腹によるもの
1 K6972 肝内胆管外瘻造設術 経皮経肝によるもの
1 D414-2 超音波内視鏡下穿刺吸引生検法

副傷病、重症度など

定義副傷病名 重症度等
コード 1:共通 2:手術なし 3:手術あり 疾患/ICDコード 傷病名 コード 重症度等
1 2 040190 胸水、胸膜の疾患(その他)
告示番号 薬剤名 適応症 診断群分類番号(同じ疾患のみ)
10 サイラムザ点滴静注液100mg
サイラムザ点滴静注液500mg

【ラムシルマブ(遺伝子組換え)】
がん化学療法後に増悪した血清AFP値が400ng/mL以上の切除不能な肝細胞癌

ICD-10: C220
060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx9903xx
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x3xx
060050xx97x4xx
16 ロズリートレクカプセル100mg
ロズリートレクカプセル200mg

【エヌトレクチニブ】
NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌

ICD-10: C029、C099等
060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx9903xx
060050xx99040x
060050xx99041x
27-2 テセントリク点滴静注1200mg

【アテゾリズマブ(遺伝子組換え)】
切除不能な肝細胞癌

ICD-10: C220
060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x4xx
50-2 カボメティクス錠20mg
カボメティクス錠60mg

【カボザンチニブリンゴ酸塩】
がん化学療法後に増悪した切除不能な肝細胞癌

ICD-10: C220
060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x4xx
66 アバスチン点滴静注用100mg/4mL
アバスチン点滴静注用400mg/16mL

【ベバシズマブ(遺伝子組換え)】
切除不能な肝細胞癌

ICD-10: C220
060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x4xx
90 ヴァイトラックビカプセル25mg
ヴァイトラックビカプセル100mg
ヴァイトラックビ内用液20mg/mL

【ラロトレクチニブ硫酸塩】
NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌

ICD-10: C029、C099等
060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx9903xx
060050xx99040x
060050xx99041x
91 ペマジール錠4.5mg

【ペミガチニブ】
がん化学療法後に増悪したFGFR2融合遺伝子陽性の治癒切除不能な胆道癌

ICD-10: C221、C23等
060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx9903xx
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x3xx
060050xx97x4xx

 2020/2021年度 五号告示(高額薬剤)一覧


Copyright © 2020,2021 HIRATA Goh.