DPC Web辞書> 五号告示(2020/2021年度)

五号告示:出来高算定となる高額薬剤とDPCの組み合わせ

2020/2021年度DPC

出来高算定となる五号告示※のうち、薬剤について表にしました。
傷病名分類とDPCコードは各ページへリンクしています。

※五号告示:DPC包括算定方法(厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法)の第一項第五号「その他厚生労働大臣が別に定める者」で包括算定の対象外となる入院患者となるもの。

告示番号 薬剤名 薬剤銘柄(参考) 適応症 適応症ICD-10(参考) 診断群分類番号 備考
1 ヒト(自己)骨髄由来間葉系幹細胞 ステミラック注 脊髄損傷に伴う神経症候及び機能障害の改善。ただし、外傷性脊髄損傷で、ASIA機能障害尺度がA、B又はCの患者に限る。 T06$、T093、T913 160990多部位外傷
160990xx99x0xx
160990xx97x0xx
160990xx97x1xx

161040損傷の続発性、後遺症
161040xxxxxxxx

161060詳細不明の損傷等
161060xx99x0xx
161060xx99x1xx
161060xx97x0xx
161060xx97x1xx
2 乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチン ラビピュール筋注用 狂犬病の予防及び発病阻止 T141 161060詳細不明の損傷等
161060xx99x0xx
161060xx97x0xx
3 フルチカゾンフランカ ルボン酸エステル/ウ メクリジニウム臭化物 /ビランテロールトリ フェニル酢酸塩 テリルジー100エリプタ14吸入用
テリルジー100エリプタ30吸入用
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤、長時間作用性吸入抗コリン剤及び長時間作用性吸入β2刺激剤の併用が必要な場合) J410、J411等 040090急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)
040090xxxxxx0x
040090xxxxxx1x

040120慢性閉塞性肺疾患
040120xx99000x
040120xx99001x
040120xx99010x
040120xx99011x
040120xx9910xx
040120xx97x0xx
040120xx97x1xx
040120xx01x0xx
4 チサゲンレクルユーセル キムリア点滴静注 1.再発又は難治性のCD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病
2.再発又は難治性のCD19陽性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫
C910、C833 130010急性白血病
130010xx99x2xx
130010xx99x3xx
130010xx99x4xx
130010xx99x5xx
130010xx99x6xx
130010xx99x7xx
130010xx99x8xx
130010xx99x9xx
130010xx97x2xx
130010xx97x3xx
130010xx97x4xx
130010xx97x5xx
130010xx97x6xx
130010xx97x7xx
130010xx97x8xx
130010xx97x9xx

130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
130030xx99x4xx
130030xx99x5xx
130030xx99x6xx
130030xx99x7xx
130030xx99x8xx
130030xx99x9xx
130030xx99xAxx
130030xx97x2xx
130030xx97x3xx
130030xx97x40x
130030xx97x41x
130030xx97x50x
130030xx97x51x
130030xx97x60x
130030xx97x61x
130030xx97x70x
130030xx97x71x
130030xx97x8xx
130030xx97x9xx
5 ベペルミノゲン ペルプラスミド コラテジェン筋注用4mg 標準的な薬物治療の効果が不十分で血行再建術の施行が困難な慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症及びバージャー病)における潰瘍の改善 I700、I702等 050170閉塞性動脈疾患
050170xx99000x
050170xx99001x
050170xx9901xx
050170xx99100x
050170xx99101x
050170xx97000x
050170xx97001x
050170xx97010x
050170xx97011x
050170xx9720xx
050170xx9721xx
050170xx03000x
050170xx03001x
050170xx03010x
050170xx03011x
050170xx0320xx
050170xx0321xx
050170xx02000x
050170xx02001x
050170xx02010x
050170xx02011x
050170xx0220xx
050170xx0221xx
050170xx01xxxx
6 ベドリズマブ(遺伝子組換え) エンタイビオ点滴静注用300mg 中等症から重症の活動期クローン病の治療及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る) K500、K501等 060180クローン病等
060180xx99x2xx
060180xx97x2xx
7 リラグルチド(遺伝子組換え) ビクトーザ皮下注18mg 2型糖尿病 E112、E115等 10007x2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
10007xxxxxx0xx
8 ポマリドミド ポマリストカプセル1mg
ポマリストカプセル2mg
ポマリストカプセル3mg
ポマリストカプセル4mg
再発又は難治性の多発性骨髄腫 C900 130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx99x5xx
130040xx97x5xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年5月22日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容(下線部追加)
[用法及び用量]ボルテゾミブ及びデキサメタゾン併用の場合: 通常、成人にはポマリドミドとして 1 日 1 回 4 mg を 14 日間連日経口投与した後、7 日間休薬する。 これを 1 サイクルとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
9 ロミプロスチム(遺伝子組換え) ロミプレート皮下注250μg調製用 既存治療で効果不十分な再生不良性貧血 D610、D611等 130080再生不良性貧血
130080xx99xxxx
130080xx97x00x
130080xx97x01x
130080xx97x1xx
10 ラムシルマブ(遺伝子組換え) サイラムザ点滴静注液100mg
サイラムザ点滴静注液500mg
がん化学療法後に増悪した血清AFP値が400ng/mL以上の切除不能な肝細胞癌 C220 060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx9903xx
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x3xx
060050xx97x4xx
10 ラムシルマブ(遺伝子組換え) サイラムザ点滴静注液100mg
サイラムザ点滴静注液500mg
切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌 C34$ 040040肺の悪性腫瘍
040040xx99081x
040040xx97x8xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年11月27日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆令和2年11月27日の承認内容(取消線部削除、下線部追加)

[用法及び用量]

1.治癒切除不能な進行・再発の胃癌、がん化学療法後に増悪した血清AFP値が400ng/mL以上の切除不能な肝細胞癌

通常、成人には2週間に1回、ラムシルマブ(遺伝子組換え)として1回8 mg/kg(体重)をおよそ60分かけて点滴静注する。
初回投与の忍容性が良好であれば、2回目以降の投与時間は30分間まで短縮できる。なお、患者の状態により適宜減量する。

2.治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌

イリノテカン塩酸塩水和物、レボホリナート及びフルオロウラシルとの併用において、通常、成人には2 週間に1回、ラムシルマブ(遺伝子組換え)として1回8 mg/kg(体重)をおよそ60分かけて点滴静注する。初回投与の忍容性が良好であれば、2回目以降の投与時間は30分間まで短縮できる。なお、患者の状態により適宜減量する。

3.切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

化学療法既治療の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌患者の場合、ドセタキセルとの併用において、通常、成人には3週間に1回、ラムシルマブ(遺伝子組換え)として1回10mg/kg(体重)をおよそ60 分かけて点滴静注する。初回投与の忍容性が良好であれば、2回目以降の投与時間は30分間まで短縮できる。なお、患者の状態により適宜減量する。

EGFR 遺伝子変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌患者の場合、エルロチニブ塩酸塩又はゲフィチニブとの併用において、通常、成人には2 週間に1回、ラムシルマブ(遺伝子組換え)として1回10mg/kg(体重)をおよそ60分かけて点滴静注する。初回投与の忍容性が良好であれば、2回目以降の投与時間は30分間まで短縮できる。なお、患者の状態により適宜減量する。
11 オラパリブ リムパーザ錠100mg
リムパーザ錠150mg
BRCA遺伝子変異陽性の卵巣癌における初回化学療法後の維持療法 C56、C796 120010卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍
120010xx99x40x
120010xx99x41x
120010xx97x40x
120010xx97x41x
120010xx01x4xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年6月18日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容(下線部追加)
[効能又は効果]BRCA 遺伝子変異陽性の卵巣癌における初回化学療法後の維持療法
11 オラパリブ リムパーザ錠100mg
リムパーザ錠150mg
①BRCA遺伝子変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺癌
②BRCA遺伝子変異陽性の治癒切除不能な膵癌における白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法後の維持療法
C25$ 、C61 06007x膵臓、脾臓の腫瘍
06007xxx9903xx
06007xxx9904xx
06007xxx9914xx

110080前立腺の悪性腫瘍
110080xx9903xx
110080xx97x3xx
12 ネシツムマブ(遺伝子組換え) ポートラーザ点滴静注液800mg 切除不能な進行・再発の扁平上皮非小細胞肺癌 C340、C341等 040040肺の悪性腫瘍
040040xx9903xx
040040xx99040x
040040xx99041x
040040xx9905xx
040040xx99060x
040040xx99061x
040040xx99070x
040040xx99071x
040040xx9913xx
040040xx9914xx
040040xx99150x
040040xx99151x
040040xx9916xx
040040xx9917xx
040040xx97x3xx
040040xx97x4xx
040040xx97x5xx
040040xx97x6xx
040040xx97x7xx
040040xx97x8xx
13 ブデソニド/グリコピロニウム臭化物/ホルモテロールフマル酸塩水和物 ビレーズトリエアロスフィア56吸入 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤、長時間作用性吸入抗コリン剤及び長時間作用性吸入β2刺激剤の併用が必要な場合) J410、J411等 040090急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)
040090xxxxxx0x
040090xxxxxx1x

040120慢性閉塞性肺疾患
040120xx99000x
040120xx99001x
040120xx99010x
040120xx99011x
040120xx9910xx
040120xx97x0xx
040120xx97x1xx
040120xx01x0xx

040310その他の呼吸器の障害
040310xxxxxxxx
14 ラブリズマブ(遺伝子組換え) ユルトミリス点滴静注300mg 発作性夜間ヘモグロビン尿症 D595 130090貧血(その他)
130090xx97x2xx
14 ラブリズマブ(遺伝子組換え) ユルトミリス点滴静注300mg 非典型溶血性尿毒症症候群 D593 130090貧血(その他)
130090xx97x2xx
15 デフィブロチドナトリウム デファイテリオ静注200mg 肝類洞閉塞症候群(肝中心静脈閉塞症) K768 060320肝嚢胞
060320xx99xxxx
060320xx97xxxx
16 エヌトレクチニブ ロズリートレクカプセル100mg
ロズリートレクカプセル200mg
NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌 C029、C099等 010010脳腫瘍
010010xx9904xx
010010xx9906xx

02001x角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍
02001xxx99x1xx

03001x頭頸部悪性腫瘍
03001xxx99x30x
03001xxx99x31x
03001xxx99x40x
03001xxx99x41x

040010縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍
040010xx99x2xx
040010xx99x30x
040010xx99x31x

040040肺の悪性腫瘍
040040xx99060x
040040xx99061x
040040xx9916xx

040050胸壁腫瘍、胸膜腫瘍
040050xx99x2xx
040050xx99x3xx

050010心臓の悪性腫瘍
050010xxxxxxxx

060010食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)
060010xx99x30x
060010xx99x31x
060010xx99x40x
060010xx99x41x

060020胃の悪性腫瘍
060020xx99x2xx
060020xx99x3xx

060030小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍
060030xx99x2xx
060030xx99x31x

060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx99x2xx
060035xx99x3xx

060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx99x2xx
060040xx99x30x
060040xx99x31x

060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx9903xx
060050xx99040x
060050xx99041x

060060胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍
060060xx99030x
060060xx99031x

06007x膵臓、脾臓の腫瘍
06007xxx9903xx
06007xxx9904xx
06007xxx9914xx

070030脊椎・脊髄腫瘍
070030xx9901xx

070040骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。)
070040xx99x2xx
070040xx99x4xx

070041軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。)
070041xx99x2xx
070041xx99x3xx

080006皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
080006xx99x2xx
080006xx99x3xx

090010乳房の悪性腫瘍
090010xx99x2xx
090010xx99x30x
090010xx99x31x

100020甲状腺の悪性腫瘍
100020xx99x1xx

100030内分泌腺及び関連組織の腫瘍
100030xx99x1xx

11001x腎腫瘍
11001xxx99x10x
11001xxx99x11x

11002x性器の悪性腫瘍
11002xxx99x1xx

110070膀胱腫瘍
110070xx99x20x
110070xx99x21x

110080前立腺の悪性腫瘍
110080xx9903xx

110100精巣腫瘍
110100xx99x10x
110100xx99x11x

120010卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍
120010xx99x40x
120010xx99x41x

12002x子宮頸・体部の悪性腫瘍
12002xxx99x40x
12002xxx99x41x

130010急性白血病
130010xx99x2xx

130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
16 エヌトレクチニブ ロズリートレクカプセル100mg
ロズリートレクカプセル200mg
ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌 C340、C341等 040040肺の悪性腫瘍
040040xx99060x
040040xx99061x
040040xx9916xx
040040xx97x6xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年2月21日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆令和2年2月21日の承認内容(下線部追加)

[効能又は効果]
NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌
ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

[用法及び用量]
<NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌>
通常、成人にはエヌトレクチニブとして1日1回600mgを経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
通常、小児にはエヌトレクチニブとして1日1回300mg/m2(体表面積)を経口投与する。ただし、600mgを超えないこと。なお、患者の状態により適宜減量する。

小児患者の用量(300mg/m2 1日1回経口投与)
体表面積(m2)投与量(1日1回)
0.43 ~ 0.50100mg
0.51 ~ 0.80200mg
0.81 ~ 1.10300mg
1.11 ~ 1.50400mg
≧ 1.51600mg

<ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌>
通常、成人にはエヌトレクチニブとして1日1回600mgを経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
17 トリフルリジン/チピラシル塩酸塩 ロンサーフ配合錠T15
ロンサーフ配合錠T20
がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃癌 C169 060020胃の悪性腫瘍
060020xx99x2xx
060020xx99x3xx
060020xx97x2xx
060020xx97x3xx
18 エベロリムス アフィニトール錠2.5mg
アフィニトール錠5mg
アフィニトール分散錠2mg
アフィニトール分散錠3mg
結節性硬化症 Q851 080180母斑、母斑症
080180xx99xxxx
080180xx970xxx
080180xx971xxx
19 ダラツムマブ(遺伝子組換え) ダラザレックス点滴静注100mg
ダラザレックス点滴静注400mg
多発性骨髄腫 C900 130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx97x6xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年8月22日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたもの、


◆承認内容 令和元年8月22日(取消線部削除、下線部追加)

[効能又は効果]再発又は難治性の多発性骨髄腫

[用法及び用量]通常、成人にはダラツムマブ(遺伝子組換え)として、1回16㎎/kgを以下の投与間隔で点滴静注する。
 ボルテゾミブ、メルファラン及びプレドニゾロン併用の場合:1週間間隔(1~6週目)、3週間隔(7~54週目)及び4週間隔(55週目以降)
 レナリドミド及びデキサメタゾン併用の場合:1週間間隔(1~8週目)、2週間隔(9~24週目)及び4週間隔(25週目以降)
 ボルテゾミブ及びデキサメタゾン併用の場合:1週間間隔(1~9週目)、3週間隔(10~24週目)及び4週間隔(25週目以降)
及び令和元年12月20日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容 令和元年12月20日(下線部追加)

[用法及び用量]他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人にはダラツムマブ(遺伝子組換え)として、1回16㎎/kgを、併用する抗悪性腫瘍剤の投与サイクルを考慮して、以下のA法またはB法の投与間隔で点滴静注する。
 A法:1週間間隔、2週間間隔および4週間間隔の順で投与する
 B法:1週間間隔、3週間間隔及び4週間間隔の順で投与する


(以下の文章はすべて削除)
19 ダラツムマブ(遺伝子組換え) ダラザレックス点滴静注100mg
ダラザレックス点滴静注400mg
多発性骨髄腫 C900 130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx99x6xx
130040xx97x6xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年11月27日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容 令和2年11月27日(下線部追加)
[効能又は効果]
多発性骨髄腫 (変更なし)
[用法及び用量]
他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人にはダラツムマブ(遺伝子組換え)として、1回16mg/kgを、併用する抗悪性腫瘍剤の投与サイクルを考慮して、以下のA法又はB法の投与間隔で点滴静注する。なお、初回は分割投与(ダラツムマブ(遺伝子組換え)として、1回8mg/kgを1日目及び2日目に投与)することもできる。
A法:1週間間隔、2週間間隔及び4週間間隔の順で投与する。
B法:1週間間隔、3週間間隔及び4週間間隔の順で投与する。
20 ボルテゾミブ ベルケイド注射用3mg 多発性骨髄腫 C900 130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx97x6xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年8月22日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容(取消線部削除、下線部追加)
[用法及び用量]

1.未治療の多発性骨髄腫

 通常、成人に1日1回、ボルテゾミブとして1.3mg/m2(体表面積)を以下のA法又はB法で静脈内投与又は皮下投与する。本剤は最低72時間空けて投与すること。

A法:

 他の抗悪性腫瘍剤との併用において、週2回、2週間(1、4、8、11日目)投与した後、10日間休薬(12〜21日目)する。この3週間を1サイクルとし、2又は8サイクルまで投与を繰り返す。3又は9サイクル以降は、週1回、2週間(1、8日目)投与し、13日間休薬(9〜21日目)する。この3週間を1サイクルとし、18サイクルまで投与を繰り返す。週1回投与への移行時期は併用する抗悪性腫瘍剤を考慮して選択すること。

B法(再発又は難治性の場合に限る):

 週2回、2週間(1、4、8、11日目)投与した後、10日間休薬(12〜21日目)する。この3週間を1サイクルとし、投与を繰り返す。

 8サイクルを超えて継続投与する場合には上記の用法・用量で投与を継続するか、又は維持療法として週1回、4週間(1、8、15、22日目)投与した後、13日間休薬(23〜35日目)する。この5週間を1サイクルとし、投与を繰り返す。

(以下の文章は削除)

2.再発又は難治性の多発性骨髄腫
(内容は略)

(以下は項目番号変更のみ)
21 セツキシマブ(遺伝子組換え) アービタックス注射液100mg RAS遺伝子野生型の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌 C182、C184等 060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx97x70x

060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx9707xx
060040xx9717xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年9月20日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。



◆承認内容(取消線部削除、下線部追加)
[効能又は効果]RAS 遺伝子野生型EGFR 陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
22 パクリタキセル アブラキサン点滴静注用100mg 乳癌 C50$ 090010乳房の悪性腫瘍
090010xx99x6xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年11月22日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容(下線部追加)
[用法又は用量]ポマリドミド及びデキサメタゾン併用の場合:

通常、成人にはエロツズマブ(遺伝子組換え)として、28日間を1サイクルとし、最初の2サイクルは1回10 mg/kgを1週間間隔で4回(1、8、15、22日目)、3サイクル以降は1回20 mg/kgを4週間間隔(1日目)で点滴静注する。

23 トラフェルミン(遺伝子組換え) リティンパ耳科用250μgセット 鼓膜穿孔 H661、H662等 030440慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫
030440xx99xxxx
030440xx97xxxx
030440xx02xxxx
030440xx01xxxx

030460中耳・乳様突起の障害
030460xx99xxxx
030460xx97xxxx
030460xx01xxxx

160440外耳・中耳損傷(異物を含む。)
160440xxxxxxxx
24 ボルチオキセチン臭化水素酸塩 トリンテリックス錠10mg
トリンテリックス錠20mg
うつ病・うつ状態 F32$ 170040気分[感情]障害
170040xxxxxxxx
25 イバブラジン塩酸塩 コララン錠2.5mg
コララン錠5mg
コララン錠7.5mg
洞調律かつ投与開始時の安静時心拍数が75回/分以上の慢性心不全
ただし、β遮断薬を含む慢性心不全の標準的な治療を受けている患者に限る
I50$ 050130心不全
050130xx97020x
050130xx97021x
26 ブロスマブ(遺伝子組換え) クリースビータ皮下注10mg
クリースビータ皮下注20mg
クリースビータ皮下注30mg
FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症 M8389、M8399 071030その他の筋骨格系・結合組織の疾患
071030xx99xx0x
071030xx99xx1x
071030xx97xxxx
27 アテゾリズマブ(遺伝子組換え) テセントリク点滴静注840mg PD-L1陽性のホルモン受容体陰性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳癌 C50$ 090010乳房の悪性腫瘍
090010xx99x6xx
27 アテゾリズマブ(遺伝子組換え) テセントリク点滴静注1200mg 切除不能な肝細胞癌 C220 060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x4xx
28 イキセキズマブ(遺伝子組換え) トルツ皮下注80mgシリンジ
トルツ皮下注80mgオートインジェクター
既存治療で効果不十分な強直性脊椎炎 M081$、M45$ 070480脊椎関節炎
070480xxxxx0xx
28 イキセキズマブ(遺伝子組換え) トルツ皮下注80mgシリンジ
トルツ皮下注80mgオートインジェクター
既存治療で効果不十分なX線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎 M4680 070330脊椎感染(感染を含む。)
070330xx99x0xx
070330xx97x0xx
29 エクリズマブ(遺伝子組換え) ソリリス点滴静注300mg 視神経脊髄炎スペクトラム障害(視神経脊髄炎を含む)の再発予防 G360 010090多発性硬化症
010090xxxxx0xx
010090xxxxx2xx
010090xxxxx3xx
010090xxxxx4xx
30 エロツズマブ(遺伝子組換え) エムプリシティ点滴静注用300mg
エムプリシティ点滴静注用400mg
再発又は難治性の多発性骨髄腫 C900 130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx99x6xx
130040xx97x6xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年11月22日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容(下線部追加)
[用法又は用量]ポマリドミド及びデキサメタゾン併用の場合:

通常、成人にはエロツズマブ(遺伝子組換え)として、28日間を1サイクルとし、最初の2サイクルは1回10 mg/kgを1週間間隔で4回(1、8、15、22日目)、3サイクル以降は1回20 mg/kgを4週間間隔(1日目)で点滴静注する。

31 オマリズマブ(遺伝子組換え) ゾレア皮下注用75mg
ゾレア皮下注用150mg
ゾレア皮下注75mgシリンジ
ゾレア皮下注150mgシリンジ
季節性アレルギー性鼻炎(既存治療で効果不十分な重症又は最重症患者に限る) J302 030340血管運動性鼻炎、アレルギー性鼻炎<鼻アレルギー>
030340xxxxxxxx
32 セルトリズマブ ペゴル(遺伝子組換え) シムジア皮下注200mgシリンジ
シムジア皮下注200mgオートクリックス
既存治療で効果不十分な尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬及び乾癬性紅皮症 L400、L401等 080140炎症性角化症
080140xxxxx0xx
33 アベルマブ(遺伝子組換え) バベンチオ点滴静注200mg 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌 C64、C790 11001x腎腫瘍
11001xxx99x20x
11001xxx99x21x
11001xxx97x2xx
33 アベルマブ(遺伝子組換え) バベンチオ点滴静注200mg 根治切除不能な尿路上皮癌における化学療法後の維持療法 C65、C66等 110060腎盂・尿管の悪性腫瘍
110060xx99x20x
110060xx99x21x
110060xx97x2xx
110060xx01x2xx

110070膀胱腫瘍
110070xx99x20x
110070xx99x21x
110070xx97x2xx
110070xx03x20x
110070xx03x21x
110070xx01x2xx
34 A型ボツリヌス毒素 ボトックス注用50単位
ボトックス注用100単位
既存治療で効果不十分又は既存治療が適さない過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁、既存治療で効果不十分又は既存治療が適さない神経因性膀胱による尿失禁 N310、N311等 11013x下部尿路疾患
11013xxx99xxxx
11013xxx97xxxx
11013xxx04xxxx
11013xxx03xxxx
11013xxx02xxxx
11013xxx01xxxx

110320腎、泌尿器の疾患(その他)
110320xx99xxxx
110320xx97xx0x
110320xx02xxxx
110320xx01xx0x
110320xx01xx1x
35 セフトロザン硫酸塩/タゾバクタムナトリウム ザバクサ配合点滴静注用 <適応菌種>
セラチア属及びインフルエンザ菌
<適応症>
敗血症及び肺炎
A41$、J14等 040080肺炎等
0400800299x00x
0400800299x01x
0400800299x10x
0400800299x11x
0400800297x00x
0400800297x01x
0400800399x00x
0400800399x01x
0400800399x10x
0400800399x11x
0400800397x00x
0400800397x01x
0400800499x00x
0400800499x01x
0400800499x10x
0400800499x11x
0400800497x00x
0400800497x01x
0400801099x00x
0400801099x01x
0400801099x10x
0400801099x11x
0400801097x00x
0400801097x01x
0400801097x10x
0400801097x11x
0400801199x00x
0400801199x01x
0400801199x10x
0400801199x11x
0400801197x00x
0400801197x01x
0400801197x10x
0400801197x11x
0400801299x000
0400801299x001
0400801299x002
0400801299x003
0400801299x004
0400801299x010
0400801299x011
0400801299x012
0400801299x013
0400801299x014
0400801299x100
0400801299x101
0400801299x102
0400801299x103
0400801299x104
0400801299x110
0400801299x111
0400801299x112
0400801299x113
0400801299x114
0400801297x000
0400801297x001
0400801297x002
0400801297x003
0400801297x004
0400801297x010
0400801297x011
0400801297x012
0400801297x013
0400801297x014
0400801399x000
0400801399x001
0400801399x002
0400801399x003
0400801399x004
0400801399x005
0400801399x010
0400801399x011
0400801399x012
0400801399x013
0400801399x014
0400801399x015
0400801399x100
0400801399x101
0400801399x102
0400801399x103
0400801399x104
0400801399x105
0400801399x110
0400801399x111
0400801399x112
0400801399x113
0400801399x114
0400801399x115
0400801397x000
0400801397x001
0400801397x002
0400801397x003
0400801397x004
0400801397x005
0400801397x010
0400801397x011
0400801397x012
0400801397x013
0400801397x014
0400801397x015
0400801499x001
0400801499x002
0400801499x003
0400801499x004
0400801499x005
0400801499x011
0400801499x012
0400801499x013
0400801499x014
0400801499x015
0400801499x101
0400801499x102
0400801499x103
0400801499x104
0400801499x105
0400801499x111
0400801499x112
0400801499x113
0400801499x114
0400801499x115
0400801497x001
0400801497x002
0400801497x003
0400801497x004
0400801497x005
0400801497x011
0400801497x012
0400801497x013
0400801497x014
0400801497x015
0400801497x101
0400801497x102
0400801497x103
0400801497x104
0400801497x105
0400801497x111
0400801497x112
0400801497x113
0400801497x114
0400801497x115

040081誤嚥性肺炎
040081xx99x0xx
040081xx99x1xx
040081xx97x0xx
040081xx97x1xx

180010敗血症
180010x0xxx0xx
180010x0xxx1xx
180010x0xxx2xx
180010x1xxx0xx
36 ポリエチレングリコール処理人免疫グロブリン 献血ヴェノグロブリンIH5%静注0.5g/10mL
献血ヴェノグロブリンIH5%静注 1g/20mL
献血ヴェノグロブリンIH5%静注2.5g/50mL
献血ヴェノグロブリンIH5%静注 5g/100mL
献血ヴェノグロブリンIH5%静注10g/200mL
献血ヴェノグロブリンIH10%静注0.5g/5mL
献血ヴェノグロブリンIH10%静注2.5g/25mL
献血ヴェノグロブリンIH10%静注 5g/50mL
献血ヴェノグロブリンIH10%静注10g/100mL
献血ヴェノグロブリンIH10%静注20g/200mL
抗ドナー抗体陽性腎移植における術前脱感作 I120、N17$等 110280慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全
110280xx9900xx
110280xx9901xx
110280xx9902xx
110280xx9903xx
110280xx991xxx
110280xx97x00x
110280xx97x01x
110280xx97x1xx
110280xx97x20x
110280xx97x21x
110280xx97x3xx
110280xx03x0xx
110280xx03x10x
110280xx03x11x
110280xx02x00x
110280xx02x01x
110280xx02x1xx
110280xx02x20x
110280xx02x21x
110280xx02x3xx
110280xx01x0xx
110280xx01x20x
110280xx01x21x

110290急性腎不全
110290xx99x0xx
110290xx99x1xx
110290xx99x3xx
110290xx97x0xx
110290xx97x1xx
110290xx97x3xx
110290xx01x0xx
110290xx01x1xx

110320腎、泌尿器の疾患(その他)
110320xx99xxxx
110320xx97xx0x
110320xx97xx1x
110320xx02xxxx
110320xx01xx0x
110320xx01xx1x
37 乾燥スルホ化人免疫グロブリン 献血ベニロン-I静注用 500mg
献血ベニロン-I静注用1000mg
献血ベニロン-I静注用2500mg
献血ベニロン-I静注用5000mg
視神経炎の急性期(ステロイド剤が効果不十分な場合) H46、S040 020370視神経の疾患
020370xx99xxxx
020370xx97xxxx
38 ニンテダニブエタンスルホン酸塩 オフェブカプセル100mg
オフェブカプセル150mg
全身性強皮症に伴う間質性肺疾患 J84$、J991等 070560重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患
070560xx99x00x
070560xx99x01x
070560xx99x1xx
39 ブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え) アドセトリス点滴静注用50mg ①CD30陽性の末梢性T細胞リンパ腫
②再発又は難治性のCD30陽性のホジキンリンパ腫及び末梢性T細胞リンパ腫
C810、C811等 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx97x8xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和元年12月20日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆承認内容(取消線部削除、下線部追加)
[効能又は効果]CD30陽性の下記疾患:
〇末梢性T細胞リンパ腫

〇再発又は難治性の未分化大細胞リンパ腫


[用法又は用量]〈未治療のCD30陽性の末梢性T細胞リンパ腫〉

シクロホスファミド水和物、ドキソルビシン塩酸塩及びプレドニゾロンとの併用において、通常、成人には、ブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え)として3週間に1回1.8 mg/kg(体重)を最大8回点滴静注する。なお、患者の状態に応じて適宜減量する。


〈再発又は難治性のCD30陽性のホジキンリンパ腫及び末梢性T細胞リンパ腫未分化大細胞リンパ腫

通常、成人にはブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え)として3週間に1回1.8mg/kg(体重)を点滴静注する。なお、患者の状態に応じて適宜減量する。
40 ポサコナゾール(錠剤に限る。) ノクサフィル錠100mg ○造血幹細胞移植患者又は好中球減少が予測される血液悪性腫瘍患者における深在性真菌症の予防
○下記の真菌症の治療
フサリウム症、ムーコル症、コクシジオイデス症、クロモブラストミコーシス、菌腫
B36$、B384等 010080脳脊髄の感染を伴う炎症
010080xx99x0x0
010080xx99x0x1
010080xx99x1x0
010080xx97x0xx

130010急性白血病
130010xx99x0xx
130010xx97x0xx

130020ホジキン病
130020xx99x0xx
130020xx97x0xx

130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x0xx
130030xx99x1xx
130030xx99x2xx
130030xx97x00x

130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx99x0xx
130040xx99x1xx
130040xx99x2xx
130040xx99x3xx
130040xx97x00x
130040xx97x2xx

130050骨髄増殖性腫瘍
130050xx99x0xx
130050xx99x3xx
130050xx97x0xx

130060骨髄異形成症候群
130060xx99x0xx
130060xx97x00x

180010敗血症
180010x0xxx0xx
180010x1xxx0xx
40 ポサコナゾール(注射薬に限る。) ノクサフィル点滴静注300mg ○造血幹細胞移植患者又は好中球減少が予測される血液悪性腫瘍患者における深在性真菌症の予防
○下記の真菌症の治療
フサリウム症、ムーコル症、コクシジオイデス症、クロモブラストミコーシス、菌腫
B36$、B384等 010080脳脊髄の感染を伴う炎症
010080xx99x1x0
010080xx99x1x1
010080xx99x4x0
010080xx97x1xx
010080xx97x4xx

130010急性白血病
130010xx99x2xx
130010xx99x3xx
130010xx99x6xx
130010xx97x1xx
130010xx97x2xx
130010xx97x3xx

130020ホジキン病
130020xx99x3xx
130020xx97x3xx

130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x1xx
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
130030xx99x4xx
130030xx99x5xx
130030xx97x1xx
130030xx97x2xx
130030xx97x3xx
130030xx97x40x
130030xx97x41x
130030xx97x50x

130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx99x1xx
130040xx99x2xx
130040xx99x3xx
130040xx97x1xx
130040xx97x2xx
130040xx97x3xx

130050骨髄増殖性腫瘍
130050xx99x2xx
130050xx99x3xx
130050xx99x4xx
130050xx97x1xx
130050xx97x2xx
130050xx97x4xx

130060骨髄異形成症候群
130060xx97x1xx
130060xx97x3xx
130060xx97x40x

180010敗血症
180010x0xxx2xx

180035その他の真菌感染症
180035xxxxxxxx
41 レボチロキシンナトリウム水和物 チラーヂンS静注液200μg 粘液水腫性昏睡、甲状腺機能低下症(ただし、レボチロキシンナトリウム経口製剤による治療が適さない場合に限る) E02、E03$、E890 100160甲状腺機能低下症
100160xxxxxxxx
42 レナリドミド水和物 レブラミドカプセル2.5mg
レブラミドカプセル5mg
再発又は難治性の濾胞性リンパ腫及び辺縁帯リンパ腫 C82$、C830、C884 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x4xx
130030xx99x5xx
130030xx97x40x
130030xx97x41x
130030xx97x50x
130030xx97x51x
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年2月21日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容(追加)
[効能又は効果]再発又は難治性の濾胞性リンパ腫及び辺縁帯リンパ腫

[用法又は用量]再発又は難治性の濾胞性リンパ腫及び辺縁帯リンパ腫

リツキシマブ(遺伝子組換え)との併用において、通常、成人にはレナリドミドとして1 日1 回20 mgを21 日間連日経口投与した後、7 日間休薬する。これを1 サイクルとして最大12 サイクルまで投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
43 pH4処理酸性人免疫グロブリン ピリヴィジェン10%静注5g/50mL
ピリヴィジェン10%静注10g/100mL
ピリヴィジェン10%静注20g/200mL
無又は低ガンマグロブリン血症 C81$、C900等 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx

130080再生不良性貧血
130080xx99xxxx
44 アレクチニブ塩酸塩 アレセンサカプセル150mg 再発又は難治性のALK 融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫 C846 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
130030xx99x4xx
130030xx99x5xx
130030xx97x2xx
130030xx97x3xx
130030xx97x40x
130030xx97x41x
130030xx97x50x
45 ニボルマブ(遺伝子組換え) オプジーボ点滴静注20mg
オプジーボ点滴静注100mg
オプジーボ点滴静注240mg
①がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌
②がん化学療法後に増悪した根治切除不能な進行・再発の食道癌
C150、C151等 060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx99x2xx
060035xx99x3xx
060035xx97x2xx
060035xx97x30x
060035xx97x31x
45 ニボルマブ(遺伝子組換え) オプジーボ点滴静注20mg
オプジーボ点滴静注100mg
オプジーボ点滴静注240mg
①がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌
②悪性黒色腫、切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌、根治切除不能又は転移性の腎細胞癌、再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫、再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌、がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃癌、がん化学療法後に増悪した切除不能な進行・再発の悪性胸膜中皮腫、がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSIHigh)を有する結腸・直腸癌、がん化学療法後に増悪した根治切除不能な進行・再発の食道癌
C182、C184等 060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx99x2xx
060035xx99x3xx
060035xx97x2xx
060035xx97x30x
060035xx97x31x
46 ウステキヌマブ(遺伝子組換え) ステラーラ点滴静注130mg 中等症から重症の潰瘍性大腸炎の寛解導入療法(既存治療で効果不十分な場合に限る) K51$ 060185潰瘍性大腸炎
060185xx99x0xx
060185xx99x1xx
060185xx99x2xx
060185xx97x0xx
060185xx97x1xx
060185xx0100xx
060185xx0101xx
060185xx0110xx
46 ウステキヌマブ(遺伝子組換え) ステラーラ皮下注45mgシリンジ 中等症から重症の潰瘍性大腸炎の維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る) K51$ 060185潰瘍性大腸炎
060185xx99x0xx
060185xx99x1xx
060185xx99x2xx
060185xx99x4xx
060185xx97x0xx
060185xx97x1xx
060185xx97x4xx
060185xx0100xx
060185xx0101xx
060185xx0110xx
060185xx0111xx
47 デュピルマブ(遺伝子組換え) デュピクセント皮下注300mgシリンジ 鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎(既存治療で効果不十分な患者に限る) J32$ 030350慢性副鼻腔炎
030350xxxxxxxx
48 アフリベルセプト(遺伝子組換え) アイリーア硝子体内注射液40mg/mL 血管新生緑内障 H405 020220緑内障
020220xx99xxxx
020220xx97xxx0
020220xx97xxx1
020220xx01xxx0
020220xx01xxx1
49 ジルコニウムシクロケイ酸ナトリウム水和物 ロケルマ懸濁用散分包5g
ロケルマ懸濁用散分包10g
高カリウム血症 E875 100393その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害
100393xx99xxxx
50 カボザンチニブリンゴ酸塩 カボメティクス錠20mg
カボメティクス錠60mg
根治切除不能又は転移性の腎細胞癌 C64、C790 11001x腎腫瘍
11001xxx99x20x
11001xxx99x21x
11001xxx97x2xx
50 カボザンチニブリンゴ酸塩 カボメティクス錠20mg
カボメティクス錠60mg
がん化学療法後に増悪した切除不能な肝細胞癌 C220 060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x4xx
51 テポチニブ塩酸塩水和物 テプミトコ錠250mg MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌 C340、C341等 040040肺の悪性腫瘍
040040xx99060x
040040xx99061x
040040xx9916xx
040040xx97x6xx
52 ビルトラルセン ビルテプソ点滴静注250mg
エクソン53スキッピングにより治療可能なジストロフィン遺伝子の欠失が確認されているデュシェンヌ型筋ジストロフィー G710 010140筋疾患(その他)
010140xxxxx0xx
53 イリノテカン塩酸塩水和物 オニバイド点滴静注43mg がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な膵癌 C25$ 06007x膵臓、脾臓の腫瘍
06007xxx9903xx
06007xxx9904xx
06007xxx9914xx
06007xxx97x3xx
06007xxx97x4xx
54 ボロファラン(10B) ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mL 切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部癌 C00$、C01等 03001x頭頸部悪性腫瘍
03001xxx99x30x
03001xxx99x31x
03001xxx99x5xx
03001xxx99x60x
03001xxx99x61x
03001xxx97x3xx
03001xxx97x5xx
03001xxx97x6xx
03001xxx0103xx
03001xxx0113xx
55 ボニコグ アルファ(遺伝子組換え) ボンベンディ静注用1300 von Willebrand病患者における出血傾向の抑制 D680、D684 130130凝固異常(その他)
130130xxxxx0xx
130130xxxxx1xx
56 アダリムマブ(遺伝子組換え) ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL
ヒュミラ皮下注80mgシリンジ0.8mL
ヒュミラ皮下注40mgペン0.4mL
ヒュミラ皮下注80mgペン0.8mL
化膿性汗腺炎 L080、L732 080010膿皮症
080010xxxx0xxx
080010xxxx1xxx

080210ざ瘡、皮膚の障害(その他)
080210xxxxxxxx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年5月29日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。


◆承認内容(下線部追加)
用法又は用量]化膿性汗腺炎
通常、成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160 mgを、初回投与2週間後に80 mgを皮下注射する。初回投与4週間後以降は、40 mgを毎週1回又は80 mgを2週に1回、皮下注射する。
57 オクトレオチド酢酸塩 サンドスタチン皮下注用50μg
サンドスタチン皮下注用100μg
先天性高インスリン血症に伴う低血糖(他剤による治療で効果が不十分な場合) E15、E161、E162 100210低血糖症
100210xxxxxxxx
58 シポニモド フマル酸 メーゼント錠0.25mg
メーゼント錠2mg
二次性進行型多発性硬化症の再発予防及び身体的障害の進行抑制 G35 010090多発性硬化症
010090xxxxx0xx
59 カプマチニブ塩酸塩水和物 タブレクタ錠150mg
タブレクタ錠200mg
MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌 C340、C341等 040040肺の悪性腫瘍
040040xx99060x
040040xx99061x
040040xx9916xx
040040xx97x6xx
60 イサツキシマブ(遺伝子組換え) サークリサ点滴静注100mg
サークリサ点滴静注500mg
再発又は難治性の多発性骨髄腫 C900 130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx99x6xx
130040xx97x6xx
61 サトラリズマブ(遺伝子組換え) エンスプリング皮下注120mgシリンジ 視神経脊髄炎スペクトラム障害(視神経脊髄炎を含む)の再発予防 G360 010090多発性硬化症
010090xxxxx0xx
010090xxxxx2xx
010090xxxxx3xx
010090xxxxx4xx
62 グルカゴン バクスミー点鼻粉末剤3mg 低血糖時の救急処置 E15、E160等 100050低血糖症(糖尿病治療に伴う場合)
100050xxxxxxxx
63 セクキヌマブ(遺伝子組換え) コセンティクス皮下注150mgシリンジ
コセンティクス皮下注150mgペン
既存治療で効果不十分なX線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎 M4680 070330脊椎感染(感染を含む。)
070330xx99x0xx
070330xx97x0xx
64 アリピプラゾール水和物 エビリファイ持続性水懸筋注用300mg
エビリファイ持続性水懸筋注用400mg
エビリファイ持続性水懸筋注用300mgシリンジ
エビリファイ持続性水懸筋注用400mgシリンジ
双極Ⅰ型障害における気分エピソードの再発・再燃抑制 F31$ 170040気分[感情]障害
170040xxxxxxxx
65 イピリムマブ(遺伝子組換え) ヤーボイ点滴静注液50mg がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌 C182、C184等 060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx99x2xx
060035xx99x3xx
060035xx97x2xx
060035xx97x30x
060035xx97x31x
66 ベバシズマブ(遺伝子組換え) アバスチン点滴静注用100mg/4mL
アバスチン点滴静注用400mg/16mL
切除不能な肝細胞癌 C220 060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x4xx
67 トラスツズマブ デルクステカン(遺伝子組換え) エンハーツ点滴静注用100mg がん化学療法後に増悪したHER2陽性の治癒切除不能な進行・再発の胃癌 C169 060020胃の悪性腫瘍
060020xx99x2xx
060020xx99x3xx
060020xx97x2xx
060020xx97x3xx
68 ニラパリブトシル酸塩水和物 ゼジューラカプセル100mg 卵巣癌における初回化学療法後の維持療法、白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法及び白金系抗悪性腫瘍剤感受性の相同組換え修復欠損を有する再発卵巣癌 C56 120010卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍
120010xx99x40x
120010xx99x41x
120010xx97x40x
120010xx97x41x
120010xx01x4xx
69 インコボツリヌストキシンA ゼオマイン筋注用50単位
ゼオマイン筋注用100単位
ゼオマイン筋注用200単位
上肢痙縮 (特定できない) 全ての診断群分類番号
69 インコボツリヌストキシンA ゼオマイン筋注用50単位
ゼオマイン筋注用100単位
ゼオマイン筋注用200単位
下肢痙縮 (特定できない) 全ての診断群分類番号
70 セツキシマブ サロタロカンナトリウム(遺伝子組換え) アキャルックス点滴静注250mg 切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部癌 C00$、C01等 03001x頭頸部悪性腫瘍
03001xxx99x40x
03001xxx99x41x
03001xxx97x4xx
71 ブロダルマブ(遺伝子組換え) ルミセフ皮下注210mgシリンジ 既存治療で効果不十分な強直性脊椎炎、X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎 M4680, M081$, M45$ 070330脊椎感染(感染を含む。)
070330xx99x0xx
070330xx97x0xx

070480脊椎関節炎
070480xxxxx0xx
72 エンコラフェニブ ビラフトビカプセル50mg
ビラフトビカプセル75mg
がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌 C182、C184等 060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx97x70x
060035xx97x71x

060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx99x71x
060040xx9707xx
060040xx9717xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年11月27日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆令和2年11月27日の承認内容(下線部追加)
[効能又は効果]
BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫
〇がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌

[用法及び用量]
<BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫>
ビラフトビカプセル(結腸・直腸癌)
ビニメチニブとの併用において、通常、成人にはエンコラフェニブとして450mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
<がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌>
セツキシマブ(遺伝子組換え)との併用、又はビニメチニブ及びセツキシマブ(遺伝子組換え)との併用において、通常、成人にはエンコラフェニブとして300mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
73 ビニメチニブ メクトビ錠15mg がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌 C182、C184等 060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx99x7xx
060035xx97x70x
060035xx97x71x

060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx99x70x
060040xx99x71x
060040xx9707xx
060040xx9717xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年11月27日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆令和2年11月27日の承認内容(下線部追加)
[効能又は効果]
BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫
〇がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌

[用法及び用量]
<BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫>
エンコラフェニブとの併用において、通常、成人にはビニメチニブとして1回45mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
<がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌>
エンコラフェニブ及びセツキシマブ(遺伝子組換え)との併用において、通常、成人にはビニメチニブとして1回45mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
74 カペシタビン ゼローダ錠300 手術不能又は再発乳癌 C182、C184等 090010乳房の悪性腫瘍
090010xx99x2xx
090010xx99x31x
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年11月27日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆令和2年11月27日の承認内容(下線部追加)
[効能又は効果](変更なし)
手術不能又は再発乳癌
結腸・直腸癌
胃癌

[用法及び用量]
手術不能又は再発乳癌にはA法又はB法を使用し、ラパチニブトシル酸塩水和物と併用する場合にはC法を使用する。結腸・直腸癌における補助化学療法にはB法を使用し、オキサリプラチンと併用する場合にはC法を使用する。治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌には他の抗悪性腫瘍剤との併用でC法又はE法を使用する。直腸癌における補助化学療法で放射線照射と併用する場合にはD法を使用する。胃癌には白金製剤との併用でC法を使用する。

A法:体表面積にあわせて次の投与量を朝食後と夕食後30分以内に1日2回、21日間連日経口投与し、その後7日間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。
体表面積1回用量
1.31m2未満900mg
1.31m2以上1.64m2未満1,200mg
1.64m2以上1,500mg


B法:体表面積にあわせて次の投与量を朝食後と夕食後30分以内に1日2回、14日間連日経口投与し、その後7日間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
体表面積1回用量
1.33m2未満1,500mg
1.33m2以上1.57m2未満1,800mg
1.57m2以上1.81m2未満2,100mg
1.81m2以上2,400mg


C法:体表面積にあわせて次の投与量を朝食後と夕食後30分以内に1日2回、14日間連日経口投与し、その後7日間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
体表面積1回用量
1.36m2未満1,200mg
1.36m2以上1.66m2未満1,500mg
1.66m2以上1.96m2未満
1,800mg
1.96m2以上2,100mg


D法:体表面積にあわせて次の投与量を朝食後と夕食後30分以内に1日2回、5日間連日経口投与し、その後2日間休薬する。これを繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
体表面積1回用量
1.31m2未満900mg
1.31m2以上1.64m2未満1,200mg
1.64m2以上1,500mg


E法:体表面積にあわせて次の投与量を朝食後と夕食後30分以内に1日2回、14日間連日経口投与し、その後7日間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
体表面積1回用量
1.31m2未満900mg
1.31m2以上1.69m2未満1,200mg
1.69m2以上2.07m2未満1,500mg
2.07m2以上1,800mg
75 バリシチニブ オルミエント錠2mg
オルミエント錠4mg
既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎 L20$ 080050湿疹、皮膚炎群
080050xxxxxxxx
76 ラコサミド(点滴静注用に限る。) ビムパット点滴静注100mg
ビムパット点滴静注200mg
一時的に経口投与ができない患者におけるラコサミド経口製剤の代替療法としての、他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法 G403 010230てんかん
010230xx99x00x
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年12月25日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆令和2年12月25日の承認内容(下線部追加)
[効能又は効果]
①②③
てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)
〇他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法
④⑤
一時的に経口投与ができない患者における、下記の治療に対するラコサミド経口製剤の代替療法
てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)
〇他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法
[用法及び用量]
略(変更なし)
77 ランレオチド酢酸塩 ソマチュリン皮下注60mg
ソマチュリン皮下注90mg
ソマチュリン皮下注120mg
甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腫瘍 D352 100260下垂体機能亢進症
100260xx9901xx
100260xx9911xx
当該薬剤の添付文書において記載された効能又は効果及び用法又は用量(令和2年12月25日に、医薬品医療機器等法第14条第13項の規定により、既に承認された効能又は効果の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

◆令和2年12月25日の承認内容(下線部追加)
[効能又は効果]
①ソマチュリン皮下注60 mg、同皮下注90 mg
〇下記疾患における成長ホルモン、IGF-I(ソマトメジン-C)分泌過剰状態及び諸症状の改善
先端巨大症・下垂体性巨人症(外科的処置で効果が不十分な場合又は施行が困難な場合)
〇甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腫瘍
②ソマチュリン皮下注120 mg
〇下記疾患における成長ホルモン、IGF-I(ソマトメジン-C)分泌過剰状態及び諸症状の改善
先端巨大症・下垂体性巨人症(外科的処置で効果が不十分な場合又は施行が困難な場合)
〇甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腫瘍
〇膵・消化管神経内分泌腫瘍

[用法及び用量]
①ソマチュリン皮下注60 mg、同皮下注90 mg
通常、成人にはランレオチドとして90 mg を4 週毎に3 ヵ月間、深部皮下に注射する。その後は患者の病態に応じて60 mg、90 mg 又は120 mg を4 週毎に投与する。
②ソマチュリン皮下注120 mg
<先端巨大症・下垂体性巨人症、甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腫瘍
通常、成人にはランレオチドとして90 mg を4 週毎に3 ヵ月間、深部皮下に注射する。その後は患者の病態に応じて60 mg、90 mg 又は120 mg を4 週毎に投与する。
<膵・消化管神経内分泌腫瘍>
通常、成人にはランレオチドとして120 mg を4 週毎に、深部皮下に注射する。
78 ラスクフロキサシン塩酸塩 ラスビック点滴静注キット150mg <適応菌種>
本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、ベイヨネラ属、バクテロイデス属、プレボテラ属、ポルフィロモナス属、フソバクテリウム属、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)

<適応症>
肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
J14、J150等 040080肺炎等
0400801299x000
0400801299x001
0400801299x002
0400801299x003
0400801299x010
0400801399x000
0400801399x001
0400801399x002
0400801399x003
0400801399x010
0400801499x001
0400801499x002
0400801499x003
0400801499x004
0400801499x011
0400801499x012
0400801499x013
0400801499x014
79 リバーロキサバン イグザレルトドライシロップ小児用51.7mg
イグザレルトドライシロップ小児用103.4mg
静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制 I802、I269 050180静脈・リンパ管疾患
050180xx02xxxx
80 ブリグチニブ アルンブリグ錠30mg
アルンブリグ錠90mg
ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌 C340、C341等 040040肺の悪性腫瘍
040040xx9916xx
81 ベロトラルスタット塩酸塩 オラデオカプセル150mg 遺伝性血管性浮腫の急性発作の発症抑制 D841 130150原発性免疫不全症候群
130150xx97x0xx
82 ガルカネズマブ(遺伝子組換え) エムガルティ皮下注120mgオートインジェクター
エムガルティ皮下注120mgシリンジ
片頭痛発作の発症抑制 G43$ 010240片頭痛、頭痛症候群(その他)
010240xxxxxxxx
83 乾燥濃縮人α1-プロテイナーゼインヒビター リンスパッド点滴静注用1000mg 重症α1-アンチトリプシン欠乏症 E880 100335代謝障害(その他)
100335xx99x00x
100335xx99x01x
100335xx99x10x
100335xx99x11x
100335xx97x0xx
100335xx97x1xx
84 ジメチルスルホキシド ジムソ膀胱内注入液50% 間質性膀胱炎(ハンナ型)の諸症状(膀胱に関連する慢性の骨盤部の疼痛、圧迫感及び不快感、尿意亢進又は頻尿等の下部尿路症状)の改善 N301 11013x下部尿路疾患
11013xxx04xxxx
11013xxx02xxxx
85 アキシカブタゲン シロルユーセル イエスカルタ点滴静注 以下の再発又は難治性の大細胞型B細胞リンパ腫
 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫、形質転換濾胞性リンパ腫、高悪性度B細胞リンパ腫
ただし、以下のいずれも満たす場合に限る。
 CD19抗原を標的としたキメラ抗原受容体発現T細胞輸注療法の治療歴がない
 自家造血幹細胞移植に適応がある患者であって、初発の患者では化学療法を2回以上、再発の患者では再発後に化学療法を1回以上施行したが奏効が得られなかった若しくは自家造血幹細胞移植後に再発した場合、又は自家造血幹細胞移植に適応がない患者
C833、C851等 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
130030xx99x4xx
130030xx99x5xx
130030xx99x6xx
130030xx99x7xx
130030xx99x8xx
130030xx99x9xx
130030xx99xAxx
130030xx97x2xx
130030xx97x3xx
130030xx97x40x
130030xx97x41x
130030xx97x50x
130030xx97x51x
130030xx97x60x
130030xx97x61x
130030xx97x70x
130030xx97x71x
130030xx97x8xx
130030xx97x9xx
86 ベネトクラクス ベネクレクスタ錠10mg
ベネクレクスタ錠50mg
ベネクレクスタ錠100mg
急性骨髄性白血病 C920、C924等 130010急性白血病
130010xx99x2xx
130010xx97x2xx
87 レンバチニブメシル酸塩 レンビマカプセル4mg
レンビマカプセル10mg
切除不能な胸腺癌 C37 040010縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍
040010xx99x2xx
040010xx99x30x
040010xx99x31x
040010xx97x2xx
040010xx97x3xx
88 アザシチジン ビダーザ注射用100mg 急性骨髄性白血病 C920、C924等 130010急性白血病
130010xx99x2xx
130010xx97x2xx
89 オシロドロスタットリン酸塩 イスツリサ錠1mg
イスツリサ錠5mg
クッシング症候群(外科的処置で効果が不十分又は施行が困難な場合) E240、E243等 100180副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍
100180xx990x0x
100180xx990x1x
100180xx991xxx
100180xx97x0xx
100180xx02xxxx
100180xx01xxxx

100260下垂体機能亢進症
100260xx9900xx
100260xx9911xx
100260xx9700xx
100260xx9710xx
90 ラロトレクチニブ硫酸塩 ヴァイトラックビカプセル25mg
ヴァイトラックビカプセル100mg
ヴァイトラックビ内用液20mg/mL
NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌 C029、C099等 010010脳腫瘍
010010xx9904xx
010010xx9906xx

02001x角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍
02001xxx99x1xx

03001x頭頸部悪性腫瘍
03001xxx99x30x
03001xxx99x31x
03001xxx99x40x
03001xxx99x41x

040010縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍
040010xx99x2xx
040010xx99x30x
040010xx99x31x

040040肺の悪性腫瘍
040040xx99060x
040040xx99061x
040040xx9916xx

040050胸壁腫瘍、胸膜腫瘍
040050xx99x2xx
040050xx99x3xx

050010心臓の悪性腫瘍
050010xxxxxxxx

060010食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)
060010xx99x30x
060010xx99x31x
060010xx99x40x
060010xx99x41x

060020胃の悪性腫瘍
060020xx99x2xx
060020xx99x3xx

060030小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍
060030xx99x2xx
060030xx99x31x

060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx99x2xx
060035xx99x3xx

060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
060040xx99x2xx
060040xx99x30x
060040xx99x31x

060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx9903xx
060050xx99040x
060050xx99041x

060060胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍
060060xx99030x
060060xx99031x

06007x膵臓、脾臓の腫瘍
06007xxx9903xx
06007xxx9904xx
06007xxx9914xx

070030脊椎・脊髄腫瘍
070030xx9901xx

070040骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。)
070040xx99x2xx
070040xx99x4xx

070041軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。)
070041xx99x2xx
070041xx99x3xx

080006皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
080006xx99x2xx
080006xx99x3xx

090010乳房の悪性腫瘍
090010xx99x2xx
090010xx99x30x
090010xx99x31x

100020甲状腺の悪性腫瘍
100020xx99x1xx

100030内分泌腺及び関連組織の腫瘍
100030xx99x1xx

11001x腎腫瘍
11001xxx99x10x
11001xxx99x11x

11002x性器の悪性腫瘍
11002xxx99x1xx

110070膀胱腫瘍
110070xx99x20x
110070xx99x21x

110080前立腺の悪性腫瘍
110080xx9903xx

110100精巣腫瘍
110100xx99x10x
110100xx99x11x

120010卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍
120010xx99x40x
120010xx99x41x

12002x子宮頸・体部の悪性腫瘍
12002xxx99x40x
12002xxx99x41x

130010急性白血病
130010xx99x2xx

130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
91 ペミガチニブ ペマジール錠4.5mg がん化学療法後に増悪したFGFR2融合遺伝子陽性の治癒切除不能な胆道癌 C221、C23等 060050肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060050xx9903xx
060050xx99040x
060050xx99041x
060050xx97x3xx
060050xx97x4xx

060060胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍
060060xx99030x
060060xx99031x
060060xx9703xx
060060xx9713xx
92 オファツムマブ(遺伝子組換え) ケシンプタ皮下注20mgペン 再発寛解型多発性硬化症患者及び疾患活動性を有する二次性進行型多発性硬化症患者における再発予防及び身体的障害の進行抑制 G35 010090多発性硬化症
010090xxxxx4xx
93 ポラツズマブ ベドチン(遺伝子組換え) ポライビー点滴静注用30mg
ポライビー点滴静注用140mg
再発又は難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫 C833 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx97x8xx
94 デニロイキン ジフチトクス(遺伝子組換え) レミトロ点滴静注用300μg 再発又は難治性の末梢性T細胞リンパ腫および再発又は難治性の皮膚T細胞性リンパ腫 C840、C841等 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx97x70x
130030xx97x71x
95 ダラツムマブ(遺伝子組換え)・ボルヒアルロニダーゼ アルファ(遺伝子組換え) ダラキューロ配合皮下注 多発性骨髄腫 C900 130040多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物
130040xx97x6xx
96 イネビリズマブ(遺伝子組換え) ユプリズナ点滴静注100mg 視神経脊髄炎スペクトラム障害(視神経脊髄炎を含む)の再発予防 G360 010090多発性硬化症
010090xxxxx0xx
010090xxxxx2xx
010090xxxxx3xx
010090xxxxx4xx
97 アミカシン硫酸塩 アリケイス吸入液590mg 適応菌種:アミカシンに感性のマイコバクテリウム・アビウムコンプレックス (MAC)
適応症:マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス (MAC)による肺非結核性抗酸菌症
A310 040170抗酸菌関連疾患(肺結核以外)
040170xxxxxx0x
040170xxxxxx1x
98 リソカブタゲン マラルユーセル ブレヤンジ静注 以下の再発又は難治性の大細胞型B細胞リンパ腫
 ・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫、形質転換低悪性度非ホジキンリンパ腫、高悪性度B細胞リンパ腫

再発又は難治性の濾胞性リンパ腫
C82$、C833等 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
130030xx99x4xx
130030xx99x5xx
130030xx99x6xx
130030xx99x7xx
130030xx99x8xx
130030xx99x9xx
130030xx99xAxx
130030xx97x2xx
130030xx97x3xx
130030xx97x40x
130030xx97x41x
130030xx97x50x
130030xx97x51x
130030xx97x60x
130030xx97x61x
130030xx97x70x
130030xx97x71x
130030xx97x8xx
130030xx97x9xx
99 ウパダシチニブ水和物 リンヴォック錠7.5mg
リンヴォック錠15mg
既存治療で効果不十分な関節症性乾癬 L405 080140炎症性角化症
080140xxxxx0xx
100 フィルグラスチム(遺伝子組換え) グラン注射液75
グラン注射液150
グラン注射液M300
グランシリンジ75
グランシリンジ150
グランシリンジM300
神経芽腫に対するジヌツキシマブ(遺伝子組換え)の抗腫瘍効果の増強 C300、C383等 02001x角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍
02001xxx99x1xx

03001x頭頸部悪性腫瘍
03001xxx99x30x
03001xxx99x31x
03001xxx99x40x
03001xxx99x41x
03001xxx99x5xx
03001xxx99x60x
03001xxx99x61x
03001xxx97x3xx
03001xxx97x4xx
03001xxx97x5xx
03001xxx97x6xx
03001xxx0103xx
03001xxx0104xx
03001xxx0113xx
03001xxx0114xx

040010縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍
040010xx99x2xx
040010xx99x30x
040010xx99x31x
040010xx97x2xx
040010xx97x3xx

060030小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍
060030xx99x2xx
060030xx99x30x
060030xx99x31x
060030xx99x40x
060030xx99x41x
060030xx99x5xx
060030xx97x2xx
060030xx97x3xx
060030xx97x4xx
060030xx01x3xx
060030xx01x4xx

070030脊椎・脊髄腫瘍
070030xx9901xx
070030xx97x1xx
070030xx01x1xx

100180副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍
100180xx97x1xx

180050その他の悪性腫瘍
180050xx99x1xx
180050xx97x1xx
101 テセロイキン(遺伝子組換え) イムネース注35 神経芽腫に対するジヌツキシマブ(遺伝子組換え)の抗腫瘍効果の増強 C300、C383等 02001x角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍
02001xxx99x1xx

03001x頭頸部悪性腫瘍
03001xxx99x30x
03001xxx99x31x
03001xxx99x40x
03001xxx99x41x
03001xxx99x5xx
03001xxx99x60x
03001xxx99x61x
03001xxx97x3xx
03001xxx97x4xx
03001xxx97x5xx
03001xxx97x6xx
03001xxx0103xx
03001xxx0104xx
03001xxx0113xx
03001xxx0114xx

040010縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍
040010xx99x2xx
040010xx99x30x
040010xx99x31x
040010xx97x2xx
040010xx97x3xx

060030小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍
060030xx99x2xx
060030xx99x30x
060030xx99x31x
060030xx99x40x
060030xx99x41x
060030xx99x5xx
060030xx97x2xx
060030xx97x3xx
060030xx97x4xx
060030xx01x3xx
060030xx01x4xx

070030脊椎・脊髄腫瘍
070030xx9901xx
070030xx97x1xx
070030xx01x1xx

100180副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍
100180xx97x1xx

180050その他の悪性腫瘍
180050xx99x1xx
180050xx97x1xx
102 タゼメトスタット臭化水素酸塩 タズベリク錠200mg 再発又は難治性のEZH2遺伝子変異陽性の濾胞性リンパ腫(標準的な治療が困難な場合に限る) C820、C821等 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
130030xx97x2xx
130030xx97x3xx
103 ツシジノスタット ハイヤスタ錠10mg 再発又は難治性の成人T細胞白血病リンパ腫 C915 130030非ホジキンリンパ腫
130030xx99x2xx
130030xx99x3xx
130030xx97x2xx
130030xx97x3xx
104 フレマネズマブ(遺伝子組換え) アジョビ皮下注225mgシリンジ 片頭痛発作の発症抑制 G43$ 010240片頭痛、頭痛症候群(その他)
010240xxxxxxxx
105 エレヌマブ(遺伝子組換え) アイモビーグ皮下注70㎎ペン 片頭痛発作の発症抑制 G43$ 010240片頭痛、頭痛症候群(その他)
010240xxxxxxxx
106 テデュグルチド(遺伝子組換え) レベスティブ皮下注用3.8mg 短腸症候群 K918 060570その他の消化管の障害
060570xx99xxxx
060570xx97xxxx
107 L―リシン塩酸塩、L―アルギニン塩酸塩 ライザケア輸液 ルテチウムオキソドトレオチド(177Lu)による腎被曝の低減 C159、C169等 040040肺の悪性腫瘍
040040xx9903xx
040040xx99040x
040040xx99041x
040040xx9913xx
040040xx9914xx
040040xx97x3xx
040040xx97x4xx

060010食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)
060010xx99x30x
060010xx99x31x
060010xx99x40x
060010xx99x41x
060010xx97x3xx
060010xx97x40x
060010xx97x41x

060020胃の悪性腫瘍
060020xx99x2xx
060020xx99x3xx
060020xx97x2xx
060020xx97x3xx

060030小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍
060030xx99x2xx
060030xx99x30x
060030xx99x31x
060030xx97x2xx
060030xx97x3xx
060030xx01x3xx

060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx99x2xx
060035xx99x3xx
060035xx97x2xx
060035xx97x30x
060035xx97x31x

060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍瘍
060040xx99x2xx
060040xx99x30x
060040xx99x31x
060040xx9702xx
060040xx9703xx
060040xx9712xx
060040xx9713xx
060040xx0203xx
060040xx0213xx

06007x膵臓、脾臓の腫瘍
06007xxx9903xx
06007xxx9904xx
06007xxx9914xx
06007xxx97x3xx
06007xxx97x4xx

100190褐色細胞腫、パラガングリオーマ
100190xx99x1xx

110080前立腺の悪性腫瘍
110080xx9903xx
110080xx97x3xx

180050その他の悪性腫瘍
180050xx99x1xx
180050xx97x1xx
108 ギボシランナトリウム ギブラーリ皮下注189mg 急性肝性ポルフィリン症 E802 100300代謝性疾患(糖尿病を除く。)
100300xx97xxxx
109 ルテチウムオキソドトレオチド(177Lu) ルタテラ静注 ソマトスタチン受容体陽性の神経内分泌腫瘍 C159、C169等 040040肺の悪性腫瘍
040040xx9903xx
040040xx99040x
040040xx99041x
040040xx9913xx
040040xx9914xx
040040xx97x3xx
040040xx97x4xx

060010食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)
060010xx99x30x
060010xx99x31x
060010xx99x40x
060010xx99x41x
060010xx97x3xx
060010xx97x40x
060010xx97x41x

060020胃の悪性腫瘍
060020xx99x2xx
060020xx99x3xx
060020xx97x2xx
060020xx97x3xx

060030小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍
060030xx99x2xx
060030xx99x30x
060030xx99x31x
060030xx97x2xx
060030xx97x3xx
060030xx01x3xx

060035結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
060035xx99x2xx
060035xx99x3xx
060035xx97x2xx
060035xx97x30x
060035xx97x31x

060040直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍瘍
060040xx99x2xx
060040xx99x30x
060040xx99x31x
060040xx9702xx
060040xx9703xx
060040xx9712xx
060040xx9713xx
060040xx0203xx
060040xx0213xx

06007x膵臓、脾臓の腫瘍
06007xxx9903xx
06007xxx9904xx
06007xxx9914xx
06007xxx97x3xx
06007xxx97x4xx

100190褐色細胞腫、パラガングリオーマ
100190xx99x1xx

110080前立腺の悪性腫瘍
110080xx9903xx
110080xx97x3xx

180050その他の悪性腫瘍
180050xx99x1xx
180050xx97x1xx
110 ジヌツキシマブ(遺伝子組換え) ユニツキシン点滴静注17.5mg/5mL 大量化学療法後の神経芽腫 C300、C383等 02001x角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍
02001xxx99x1xx

03001x頭頸部悪性腫瘍
03001xxx99x30x
03001xxx99x31x
03001xxx99x40x
03001xxx99x41x
03001xxx99x5xx
03001xxx99x60x
03001xxx99x61x
03001xxx97x3xx
03001xxx97x4xx
03001xxx97x5xx
03001xxx97x6xx
03001xxx0103xx
03001xxx0104xx
03001xxx0113xx
03001xxx0114xx

040010縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍
040010xx99x2xx
040010xx99x30x
040010xx99x31x
040010xx97x2xx
040010xx97x3xx

060030小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍
060030xx99x2xx
060030xx99x30x
060030xx99x31x
060030xx99x40x
060030xx99x41x
060030xx99x5xx
060030xx97x2xx
060030xx97x3xx
060030xx97x4xx
060030xx01x3xx
060030xx01x4xx

070030脊椎・脊髄腫瘍
070030xx9901xx
070030xx97x1xx
070030xx01x1xx

100180副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍
100180xx97x1xx

180050その他の悪性腫瘍
180050xx99x1xx
180050xx97x1xx
111 レレバクタム水和物/イミペネム水和物/シラスタチンナトリウム レカルブリオ配合点滴静注用 <適応菌種>
本剤に感性の大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、緑膿菌、アシネトバクター属
ただし、カルバペネム系抗菌薬に耐性を示す菌株に限る

<適応症>
各種感染症
(特定できない) 全ての診断群分類番号

Copyright © 2020,2021 HIRATA Goh, BoneTech.