060140 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)

2022/2023年度 DPC

2022年4月改定対応

前後のDPC年度へのリンク
 <<2020/2021年度: 060140

ツリー図と日数・点数

診断群分類番号 第Ⅰ日 第Ⅱ日 第Ⅲ日 期間Ⅰ点数 期間Ⅱ点数 期間Ⅲ点数 DPC名称
060140 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)
手術
なし 手術・処置等2
なし 060140xx99x0xx 4 8 30 2961 2101 1786 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 手術なし 手術処置等2なし
あり 060140xx99x1xx 10 20 60 2988 2119 1802 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 手術なし 手術処置等2あり
あり
その他の手術 手術・処置等2
なし 060140xx97x0xx 5 10 30 2990 2121 1803 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術処置等2なし
あり 060140xx97x1xx 12 24 60 3257 2310 1964 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術処置等2あり
K6551等 手術・処置等2
なし 060140xx01x0xx 出来高算定 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 胃切除術 単純切除術等 手術処置等2なし
あり 060140xx01x1xx 19 39 90 3330 2363 1959 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 胃切除術 単純切除術等 手術処置等2あり

分岐条件

医療資源傷病名など

医療資源傷病名 病態等分類 年齢、出生時体重等
ICDコード ICD名称 コード 病態等区分 コード 条件
K250 胃潰瘍,急性,出血を伴うもの
K257 胃潰瘍,慢性,出血又は穿孔を伴わないもの
K253 胃潰瘍,急性,出血又は穿孔を伴わないもの
K254 胃潰瘍,慢性又は詳細不明,出血を伴うもの
K259 胃潰瘍,急性又は慢性の別不明,出血又は穿孔を伴わないもの
K264 十二指腸潰瘍,慢性又は詳細不明,出血を伴うもの
K263 十二指腸潰瘍,急性,出血又は穿孔を伴わないもの
K267 十二指腸潰瘍,慢性,出血又は穿孔を伴わないもの
K260 十二指腸潰瘍,急性,出血を伴うもの
K269 十二指腸潰瘍,急性又は慢性の別不明,出血又は穿孔を伴わないもの
K311 成人の肥厚性幽門狭窄
K312 胃の砂時計状狭窄
K314 胃憩室

手術

手術
分岐 コード 解釈番号等 点数表名称
手術なし 99 手術なし
その他の手術あり 97 K654 内視鏡的消化管止血術
97 K636 試験開腹術
97 K636-3 腹腔鏡下試験開腹術
97 K636-4 腹腔鏡下試験切除術
97 その他のKコード
胃切除術 単純切除術等 01 K6551 胃切除術 単純切除術
01 K654-2 胃局所切除術
01 K654-3$ 腹腔鏡下胃局所切除術
01 K655-21 腹腔鏡下胃切除術 単純切除術
01 K6571 胃全摘術 単純全摘術
01 K657-21 腹腔鏡下胃全摘術 単純全摘術
01 K6593 食道下部迷走神経切除術(幹迷切) 胃切除術を併施するもの
01 K659-2 腹腔鏡下食道下部迷走神経切断術(幹迷切)
01 K6603 食道下部迷走神経選択的切除術 胃切除術を併施するもの
01 K6591 食道下部迷走神経切除術(幹迷切) 単独のもの
01 K6592 食道下部迷走神経切除術(幹迷切) ドレナージを併施するもの
01 K6601 食道下部迷走神経選択的切除術 単独のもの
01 K6602 食道下部迷走神経選択的切除術 ドレナージを併施するもの
01 K647-2 腹腔鏡下胃、十二指腸潰瘍穿孔縫合術
01 K647-3 内視鏡下胃、十二指腸穿孔瘻孔閉鎖術
01 K660-2 腹腔鏡下食道下部迷走神経選択的切除術

手術・処置等

手術・処置等1 手術・処置等2
コード 解釈番号等 名称 コード 解釈番号等 名称
1 G005 中心静脈注射
1 J045$ 人工呼吸

副傷病、重症度など

定義副傷病名 重症度等
コード 1:共通 2:手術なし 3:手術あり 疾患/ICDコード 傷病名 コード 重症度等

 該当項目がありません


Copyright © 2022 HIRATA Goh.