060370 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。)

2022/2023年度 DPC

2022年4月改定対応

前後のDPC年度へのリンク
 <<2020/2021年度: 060370

ツリー図と日数・点数

診断群分類番号 第Ⅰ日 第Ⅱ日 第Ⅲ日 期間Ⅰ点数 期間Ⅱ点数 期間Ⅲ点数 DPC名称
060370 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。)
手術
なし 手術・処置等2
なし 060370xx99x0xx 6 11 30 3108 2205 1874 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術なし 手術処置等2なし
あり
1 060370xx99x1xx 11 23 60 3244 2301 1956 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術なし 手術処置等2-1あり
2 060370xx99x2xx 出来高算定 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術なし 手術処置等2-2あり
あり 手術・処置等1
なし 手術・処置等2
なし 060370xx9700xx 9 17 60 3042 2158 1834 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2なし
あり
1 060370xx9701xx 18 36 90 3379 2397 2037 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-1あり
2 060370xx9702xx 21 43 120 6771 2664 2265 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術処置等1なし 手術処置等2-2あり
あり 手術・処置等2
なし 060370xx9710xx 12 24 60 2978 2112 1745 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2なし
あり
1 060370xx9711xx 18 36 90 3332 2363 1954 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-1あり
2 060370xx9712xx 21 42 120 7545 2288 1945 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術処置等1あり 手術処置等2-2あり

分岐条件

医療資源傷病名など

医療資源傷病名 病態等分類 年齢、出生時体重等
ICDコード ICD名称 コード 病態等区分 コード 条件
A183 腸,腹膜及び腸間膜リンパ節の結核
K630 腸膿瘍
K631 腸穿孔(非外傷性)
K632 腸瘻(孔)
K65$ 腹膜炎
K67$ 他に分類される感染症における腹膜の障害
K570 穿孔及び膿瘍を伴う小腸の憩室性疾患
K572 穿孔及び膿瘍を伴う大腸の憩室性疾患
K574 穿孔及び膿瘍を伴う小腸及び大腸両者の憩室性疾患
K578 腸の憩室性疾患,部位不明,穿孔及び膿瘍を伴うもの

手術

手術
分岐 コード 解釈番号等 点数表名称
手術なし 99 手術なし
手術あり 97 K639 急性汎発性腹膜炎手術
97 K639-2 結核性腹膜炎手術
97 K639-3 腹腔鏡下汎発性腹膜炎手術
97 K637$ 限局性腹腔膿瘍手術
97 K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術
97 K638 骨盤腹膜外膿瘍切開排膿術
97 その他のKコード

手術・処置等

手術・処置等1 手術・処置等2
コード 解釈番号等 名称 コード 解釈番号等 名称
1 K726 人工肛門造設術 2 J041 吸着式血液浄化法
1 K726-2 腹腔鏡下人工肛門造設術 2 J038-2 持続緩徐式血液濾過
1 J0384 人工腎臓 その他の場合
1 G005 中心静脈注射
1 J045$ 人工呼吸

副傷病、重症度など

定義副傷病名 重症度等
コード 1:共通 2:手術なし 3:手術あり 疾患/ICDコード 傷病名 コード 重症度等

 該当項目がありません


Copyright © 2022 HIRATA Goh.