090010 乳房の悪性腫瘍

2022/2023年度 DPC

2022年4月改定対応

前後のDPC年度へのリンク
 <<2020/2021年度: 090010

ツリー図と日数・点数

 ※高額薬剤あり

診断群分類番号 第Ⅰ日 第Ⅱ日 第Ⅲ日 期間Ⅰ点数 期間Ⅱ点数 期間Ⅲ点数 DPC名称
090010 乳房の悪性腫瘍
手術
なし 手術・処置等2
なし 090010xx99x0xx 4 8 30 2861 2043 1737 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2なし
あり
1 090010xx99x1xx 6 15 60 3102 2365 2011 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-1あり
2 090010xx99x2xx 14 27 60 2212 1569 1334 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-2あり
3 定義副傷病
なし 090010xx99x30x 2 5 30 3605 2757 2209 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-3あり 定義副傷病名なし
あり 090010xx99x31x 5 14 60 3109 2410 2049 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-3あり 定義副傷病名あり
4 定義副傷病
なし 090010xx99x40x 2 3 30 4166 2955 2512 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-4あり 定義副傷病名なし
あり 090010xx99x41x 2 5 30 3601 2706 2300 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-4あり 定義副傷病名あり
5 090010xx99x5xx 1 4 30 19606 1819 2568 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-5あり
6 090010xx99x6xx 2 3 30 7174 2237 1901 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-6あり
7 090010xx99x7xx 出来高算定 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-7あり
8 定義副傷病
なし 090010xx99x80x 1 3 30 45263 1832 2768 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-8あり 定義副傷病名なし
あり 090010xx99x81x 2 5 30 19709 3546 3014 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-8あり 定義副傷病名あり
9 定義副傷病
なし 090010xx99x90x 1 3 30 51301 1832 1900 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-9あり 定義副傷病名なし
あり 090010xx99x91x 1 6 30 54795 1807 3168 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-9あり 定義副傷病名あり
A 090010xx99xAxx 出来高算定 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2-Aあり
あり
その他の手術 手術・処置等2
なし 090010xx97x0xx 2 5 30 2670 2021 1718 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2なし
あり
1 090010xx97x1xx 10 19 60 3128 2219 1886 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-1あり
2 090010xx97x2xx 15 30 90 2699 1914 1627 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-2あり
3 090010xx97x3xx 4 12 60 3082 2397 2038 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-3あり
4 090010xx97x4xx 3 6 30 3738 2652 2254 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-4あり
5 090010xx97x5xx 4 15 60 5268 3074 2613 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-5あり
6 090010xx97x6xx 出来高算定 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-6あり
7 090010xx97x7xx 5 23 90 5262 3170 2694 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-7あり
8 090010xx97x8xx 出来高算定 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-8あり
9 090010xx97x9xx 1 20 60 76155 1669 3072 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-9あり
A 090010xx97xAxx 出来高算定 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置等2-Aあり
K476-4 090010xx05xxxx 4 7 30 2255 1845 1661 乳房の悪性腫瘍 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
K0221 090010xx04xxxx 5 10 30 2245 1837 1654 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合
K476-32 090010xx03xxxx 8 15 30 2282 1867 1681 乳房の悪性腫瘍 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの
K4762 090010xx02xxxx 3 6 30 3230 2291 1948 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
K4764等 手術・処置等1
なし 090010xx010xxx 5 10 30 2838 2013 1711 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術処置等1なし
あり 090010xx011xxx 7 14 30 2694 1911 1624 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術処置等1あり

分岐条件

医療資源傷病名など

医療資源傷病名 病態等分類 年齢、出生時体重等
ICDコード ICD名称 コード 病態等区分 コード 条件
C50$ 乳房の悪性新生物<腫瘍>
D05$ 乳房の上皮内癌

手術

手術
分岐 コード 解釈番号等 点数表名称
手術なし 99 手術なし
その他の手術あり 97 K474-3$ 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術(一連につき)
97 K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合
97 その他のKコード
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 05 K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合 04 K0221 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合
動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの 03 K476-32 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの
乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 02 K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 01 K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))
01 K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの
01 K4766 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施するもの
01 K4767 乳腺悪性腫瘍手術 拡大乳房切除術(胸骨旁、鎖骨上、下窩など郭清を併施するもの)
01 K4769 乳腺悪性腫瘍手術 乳輪温存乳房切除術(腋窩部郭清を伴うもの)
01 K4761 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)
01 K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
01 K4768 乳腺悪性腫瘍手術 乳輪温存乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
01 K627$ リンパ節群郭清術

手術・処置等

手術・処置等1 手術・処置等2
コード 解釈番号等 名称 コード 解釈番号等 名称
1 K015$ 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術 A ペムブロリズマブ
1 K016 動脈(皮)弁術、筋(皮)弁術 A アテゾリズマブ
1 K0171 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付きのもの) 乳房再建術の場合 9 トラスツズマブ エムタンシン
1 K019 複合組織移植術 9 トラスツズマブ デルクステカン
1 K020 自家遊離複合組織移植術(顕微鏡下血管柄付きのもの) 8 ペルツズマブ
1 K059$ 骨移植術(軟骨移植術を含む。) 7 ベバシズマブ
1 K013$ 分層植皮術 6 パクリタキセル(アルブミン懸濁型)
1 K013-2$ 全層植皮術 6 トラスツズマブ
1 K476-2 陥没乳頭形成術、再建乳房乳頭形成術 5 エリブリンメシル酸塩
1 K476-31 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 一次的に行うもの 4 ゲムシタビン塩酸塩
4 シクロホスファミド+塩酸エピルビシンあり
4 パクリタキセル
4 ドセタキセル
3 化学療法ありかつ放射線療法なし
2 放射線療法
1 J0384 人工腎臓 その他の場合
1 G005 中心静脈注射
1 J045$ 人工呼吸

副傷病、重症度など

定義副傷病名 重症度等
コード 1:共通 2:手術なし 3:手術あり 疾患/ICDコード 傷病名 コード 重症度等
1 2 070040 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 0 片側
1 両側
告示番号 薬剤名 適応症 診断群分類番号(同じ疾患のみ)
38 ベージニオ錠50mg
ベージニオ錠100mg
ベージニオ錠150mg

【アベマシクリブ】
ホルモン受容体陽性かつHER2陰性で再発高リスクの乳癌における術後薬物療法

ICD-10: C50$
090010乳房の悪性腫瘍
090010xx99x2xx
090010xx99x30x
090010xx99x31x
090010xx99x40x
090010xx99x41x
090010xx97x2xx
090010xx97x3xx
090010xx97x4xx
090010xx05xxxx
090010xx04xxxx
090010xx03xxxx
090010xx02xxxx
090010xx010xxx
090010xx011xxx
【備考】
<2022/4/20 薬剤追加>
67 リムパーザ錠100mg
リムパーザ錠150mg

【オラパリブ】
BRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性で再発高リスクの乳癌における術後薬物療法

ICD-10: C50$
090010乳房の悪性腫瘍
090010xx99x2xx
090010xx99x30x
090010xx99x31x
090010xx97x2xx
090010xx97x3xx
【備考】
<2022/11/16 薬剤追加>

当該薬剤の注意事項等情報として公表された効能又は効果及び用法又は用量(令和4年8月24日に、医薬品医療機器等法第14条第15項の規定により、既に承認された効能又は効果及び用法又は用量の変更について承認されたものに限る。)に係るものに限る。

【令和4年8月24日承認内容】
通常、成人にはオラパリブとして1回300mgを1日2回、経口投与する。
ただし、術後薬物療法の場合、投与期間は1年間までとする。なお、患者の状態により適宜減量する。

 2022/2023年度 五号告示(高額薬剤)一覧


Copyright © 2022 HIRATA Goh.